Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

今週の週刊プロレス No.1910

2017-06-28 21:40:36 | 週刊プロレス

表紙は、猪木。
IGF問題に関しては
正直、どうでもいいです。


NOAH6・20横浜&6・25郡山

6.20横浜大会は
ニコプロで観戦しました。
クワイさんの復帰が
うれしかったですね。

25日の福島大会では
中嶋vs小峠の
GHCヘビー級王座戦と
HAYATAvs石森の
GHC Jr.ヘビー級
王座戦が行われました。
週プロのリポートによると
小峠はあまりいいところを
出せなかった様子。
この苦い想いを糧に
成長してもらおうでは
ありませんか。

一方、石森は
HAYATAを破り
GHC Jr.王者に。
最近の石森は
ノリノリですからね。
活性化してきた
ノアJr.の高い壁として
立ちはだかって
ほしいところです。
早速、YO-HEYが
挑戦を表明していますが
イイですねぇ、
熱いですねぇ、ノアJr.!

そして
マイバッハ谷口。
谷口にはもっと
凶暴性を表現する技、
ベイダーハンマーでも
使ったらどうかと
このブログでも何度か
書いてきましたが
なんと願いが通じたのか、
ダブルハンマーパンチを
使い始めた模様!
キャラクターとも
マッチしていますし
イイんじゃないですか、コレ!?

清宮は無期限の
海外武者修行へ。
清宮不在のノア、
ちょっと楽しみが
減ってはしまうものの
清宮の成長は
それ以上の楽しみです。
オカダが新日本を
大きく変えたように
清宮もこの修行で
大きく成長を
遂げてほしいものです。


新日本6・20後楽園

NEVER無差別級王座戦も
IWGP Jr.王座戦も
既に終わっていますが
YOSHI-HASHIへの
歓声はともかく
あの後楽園での
BUSHIへのあの大声援は
何だったんでしょうね?
ロスインゴへの期待なのか、
それともKUSHIDAへの
不満なのか・・・?
いずれにせよ
BUSHIへの声援の多さに
ビックリしました。

自分なりに
BUSHIの支持率の理由を
考えてみたのですが
若いファンにとっては
毒霧という技が
目新しく感じるのかなと。
私も初めて
ムタを観たときは
衝撃でしたしね。
個人的にはあと1つ2つ
武器がほしいところです。
技ではない部分でも。


アントニオ猪木インタビュー

10行くらいは読んだ。


巻頭言
NOAH・内田雅之会長に聞く
2017年のこれまでとこれから


ノアでは十分すぎるくらい
楽しませてもらってます。

・・・が
いい加減、上から目線は
やめませんかと。
「新日本とは
 思想が合ってない」
そうなのかもしれませんけど
それをそのまま言葉にしては
いけない気がしますねぇ。
まぁ、内田社長は
そんなつもりで
発言しているわけでは
ないのでしょうけど。

さて、新生ノアになって
半年が過ぎましたが・・・
どうなんでしょうね?
まだ大きな変化は
感じませんけど
自分たちの力で
なんとかやっていこうという
方向性の一致
みたいなものは
感じられますね。
GHCヘビー級王者の
中嶋を中心に
健闘している印象です。

集客の面では
苦戦していますが
そりゃあ今までいた
鈴木みのるやら
タイチやらが
ごっそり消えたのですから
当然といえば当然。
いいんじゃないですか、
背伸びしなくても。


天龍源一郎の龍魂時評
高木vs鈴木、
東京ドームプロレスを斬る


まさか天龍がこの試合を
語ってくれるとは・・・。
そういえばちょっとだけ
ゲスト出演してましたね。

この試合、
本当に面白かったです。
DDTユニバースで
一部のみ無料放送
されていますので
興味をもたれた方は
是非ご覧ください。

プロレスに真剣さを
求めるファンにとっては
こういう試合って
受け入れられないかも
しれませんけど
私はこの懐の深さが
プロレスの醍醐味だと
思っているんですよね。
5カウントまでなら
反則もOKな世界ですしね。
楽しまなきゃ
損ってことで。


組長に訊け!

今週の組長に訊け!は
衝撃的でした。
相談3での逆質問、
胸に響きましたぜ!


石川修司特集

チャンピオン
カーニバルを制し
三冠王者になった
石川修司の特集を
このタイミングで組む。
さすが週プロ!
わかってるぅ~♪

・・・と
感心したのも束の間、
ボリュームは
少なめでした。

わかってないなぁ、
週プロ!


MY TURNING POINT
後藤洋央紀


ターニングポイントには
殿が登場!
本当に色々と
苦労している人ですので
いつか報われてほしいと
思っているのですが・・・。

頑張れ、殿ッ!


スターダム6・21後楽園

岩谷がイオを破り
赤いベルトを初戴冠。
史上初の赤と白の
ベルト二冠となりました。
スゴイことなんですけど
宝城の退団と
イオの離脱ばかりが
気になってしまいます。
ピンチをチャンスに変える
新しいスターは
生まれるのでしょうか?


DDT6・25後楽園

KING OF DDTを
制したのは・・・
遠藤哲哉!
いやぁ、今更ですけど
DDTのリングも
ドンドン勢力図が
変わっていきますね。
私も先日
DDTユニバースに
登録したばかりですので
これからドンドン
勉強したいと思います。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KUSHIDAとBUSHIの物語 | トップ | Mr.しもの中の人が語る、長曾... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

週刊プロレス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL