Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

今週の週刊プロレス NO.1884

2016-12-28 22:31:12 | 週刊プロレス

表紙は、ドラg・・・

・・・ノア!?
ここでノアなの!?
週プロ、
よくわかんねぇっ!


私の感覚が
ズレてるんですかねぇ。


DRAGON GATE
12・25福岡&20後楽園


福岡大会の観衆は
7,600人で
超満員札止め発表!
DRAGON GATE、スゲエッ!

ドリームゲート王座戦は
王者のYAMATOが
宿敵、土井を退けて
2度目の防衛に成功。
試合内容は
リポートを読む限り
ジリジリとした展開から
終盤は大爆発といった
ところでしょうか?
フィニッシュは
ギャラリアでした。

YAMATO、
イイですねぇ・・・。
来年は是非とも
Mr.しもと
戦ってほしい相手です。


高橋ヒロム<新日本>
インタビュー


確かな実力を
見せているからこそ
ビッグマウスも
聞いていて
イライラしないですし
発言に一貫性があって
ジュニア愛が
伝わってきます。
あぁ・・・私、
この人結構
好きかもしれないですね。

東京ドームでは
とんでもなくデカイことを
やってくれそうな予感が・・・!?


NOAH12・23ディファ有明
&24後楽園


後楽園大会の方は
観戦記を書いています。
興味があれば
そちらもご覧ください。

週プロも推す
新生ノアですが
私はちょっと
熱が下がりぎみです。

試合は面白いんですよ。
丸藤と杉浦のシングルで
断崖式の技や
終盤の打撃戦を見ては
「そうそう、
 コレが見たかった!」と
うれしくなりました。
あとは選手の
アクションに合った
対戦カードを
提供してほしいかなと。
そこに関しては
本当に不満が大きいです。


小峠篤司<NOAH>インタビュー

ヘビーに転向して
一年生としてやっていく。
その気持ちは
全然悪くないです。
実際、現在のノアの
ヘビー級で活躍する
選手のほとんどが
ジュニア上がりですし。
ただ、ベルトを2本、
返上しての転向というのが
どうにも気に入りません。

私にとって
ノアのJr.ヘビー級って
やっぱり特別なんですよね。
「ノアのJr.は最強です」
・・・ってのを
リアルタイムで見ていて
熱くなった世代ですので。

Jr.ヘビー級の選手は
もっとJr.の戦いに
誇りを持ってもらいたい。
小峠に放り捨てられた
王座の権威は
どうなるんでしょう?
Jr.の頂点を
ヘビー転向の
通過点にしていいの!?

・・・まぁ私がここで
何を書いたところで
何かが変わるわけでも
ないでしょうしね。
おっさんのグチは
ここまでにしておきます。


日本プロレス界の
2016クロニクル


ベストマッチに選ばれたのは
プロレス大賞ベストバウトでも
最有力候補とされていた
G1両国大会2日目の
ケニーvs内藤でした。
試合内容もさることながら
決定戦進出者争いや
前日のメインの引き分けなど
様々な要因も影響して
非常にスリリングでしたので
この結果にも納得です。

女子プロレスグランプリは
東スポのそれと同じく
イオが受賞。
これは「Why?」です。

ベストタッグは
ヤノマルフジ。
これも順当だと思います。
関本&岡林は
去年も獲っている
ようですしね。

読者が決める
賞ということもあって
東スポのそれよりも
納得できる結果ばかりです。


マイ・ターニングポイント
~オカダ・カズチカ編


テーマはなんとオカダ。
唐突だなオイ(笑)


スターダム12・22後楽園

イオと岩谷の
ワールド王座戦は
イオがムーンサルトの
2連発で勝利。

表現が適切では
ないかもしれませんが
ここは岩谷が勝たなくて
かえってよかったのでは
ないかと思います。
イオを追って
成長し続ける岩谷と
超えさせないイオ。
なんだかこの関係性、
安易に崩れて
ほしくないような
気持ちがあります。

三沢さんと川田を
重ねて見てしまうのは
私がおじさん
だからでしょうね(笑)


読者選定!
ほっこりプロレス
年間最高試合賞2016
投票受付中です。
投票はコチラからどうぞ。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mr.しも、外道クラッチに警戒!? | トップ | Mr.しも、外道戦前コメント »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL