Mr.しもの前途遼遠

プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追体験しませんか!?

イオ&宝城不在のスターダムで岩谷初防衛

2017-07-17 12:41:00 | プロレス話

ソースは、デイリースポーツ

「プロレス・スターダム」
(16日、後楽園ホール)で
ワールド・オブ・スターダム
選手権試合が行われ、
王者の岩谷麻優が
美闘陽子の挑戦を退けて
初防衛に成功。
直後に花月が
挑戦をアピールし、
8月13日の
後楽園ホール大会で
2度目の防衛戦を
行うことが決定的となった。

宝城カイリが退団、
紫雷イオが首の負傷で長期欠場と、
2大エースが不在となった
後楽園ホール大会の
メインを締めた岩谷は、
インタビューで
「いろいろ大変だったけど、
初防衛することができました。
でも想像していた以上に
キックがすごかった。
赤いベルトって
本当にいろんな感情が
わいてきますね。
取ったときは
何だか分からなくて
パニック状態に
なってましたけど、
今は試合直後ですけど冷静で、
すごい悔しいなっていう、
2人ならもっともっと
できたんじゃないかと思う」
と複雑な表情。
前王者のイオとの
比較を問われると、
「イオさんは
本当にすごいので。
比べちゃったらダメだと思う。
イオさんみたいな安定した
完璧な王者にたいに
なれないと思う。
自分はまだまだ
全然できないので、
ネガティブになるだけなので、
自分らしく。
でも、今日はすごい
楽しんでました。
すごい防衛戦、
楽しいなって思います。
きついけど」
と話した。

団体を引っ張る
プレッシャーについては
「ないといったら
ウソになるし、
責任感を持たないと
ダメだとは思うんですけど、
本当にプレッシャーに
弱いので」
と弱気な言葉をもらし、
「だから、みなさん、
あまりプレッシャーを
与えないでください」
と笑顔で呼びかけた。



イオと宝城が抜けてからの
スターダムに関しては
正直に言ってしまうと
あまり興味が
なくなってしまったと
いうのが本音です。
もちろん選手たち、
特に岩谷は
「自分がなんとかしなきゃ」
と強い思いを持って
試合に臨んでいることと
思いますので
そんなことを言うのは
失礼なのでしょうけどね。

でも、えてして
こういうシチュエーションで
新しい光は
生まれてくるもの。
新日本で中邑とAJが
抜けた穴を
内藤とケニーが埋めたように
イオと宝城の不在を
感じさせないような選手が
出てくるんじゃないですかね?
逆に言えば
「この選手が見たいから
 またスターダムに
 行ってみようかな」
そう思わせる選手が
出てこないようなら
いよいよマズイですよ。

中野たむ選手が
スターダムに参戦を
直訴しているようですし
これからドンドン
新しい動きが
増えてくると
うれしいですよね。



↑バナーをクリックでランクアップ!
 ご協力よろしくお願いします。
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mr.しも、ファイプロワールド... | トップ | move on! イバラミチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロレス話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL