MOVIE レビュー

映画と海外ドラマの感想とエンタメ情報を載せています。

海外ドラマ 「APB ハイテク捜査網」 シーズン1で打ち切りです

2017年05月19日 | シーズン1で打ち切りドラマ

「APB ハイテク捜査網 / APB (原題)」
ストーリー詳細(FOX公式サイトより転載)
ある日強盗による親友の殺害を目の当たりにした、ハイテク企業の実業家ギデオン・リーヴス。一向に犯人逮捕の糸口が掴めないシカゴ市警を見かねた彼が起こした行動とは、なんと警察署自体の買収だった! シカゴ市警の一画となる13分署を丸ごと買い取り、犯罪捜査専用アプリ「APB」を導入、専門分野のハイテク技術をフル活用して始動した、ギデオン率いる21世紀型の超強力捜査チーム。持ち前の企業家精神でリーダーシップを執る彼の“民間警察”は、犯罪と汚職が蔓延るシカゴの街で、果たしてどこまで通用するのか!?


海外ドラマ「APB ハイテク捜査網 / APB (原題)」は、アメリカで2017年 2月 6日から2017年4月24日までシーズン1(全12話)が放送されましたが、シーズン1で打ち切りとなっています。日本では、FOXで2017年5月18日からレギュラー放送が始まりました。FOXの公式サイトを見てみたら、「全米で放送開始以来、早くもあの「24:レガシー」と並ぶ高視聴率と話題を獲得!!」 と書いてありましたが・・・、いつものテレビ用の宣伝文句ですね。アメリカでの視聴者数は、「24:レガシー」は話題作なので第1話目が1700万人超えましたが、「APB ハイテク捜査網 / APB (原題)」の第1話目は600万人程でした。そして、どちらのドラマも視聴者数は2話目から下降線を辿り、途中から仲良く300万人前後に落ち込み撃沈している模様です。

日本の記事で、このドラマの打ち切りのエンタメニュースを探しても見つからなかったのですが、アメリカのサイトで打ち切りの確認をしたら2017年5月11日にシーズン1でキャンセルされたと書いてありましたので間違いないです。日本の記事を見つけたら詳細を投稿します。長年、海外ドラマを見ていて思うのは、ネットワーク局の新作ドラマのプレミア放送の視聴者数は当てにならないです。例えば新作ドラマが放送される時間帯の前後の番組のどちらかに、人気のスポーツやドラマの放送が有った場合は、その人気番組の流れで視聴者数も多く獲得できるらしい。それに、ネットワーク局の新作ドラマの1話目は、お試しでチャンネル合わせるでしょうからね。プレミア放送後の視聴者数の減り具合で本当の人気度が分かる感じです。

ちなみに、「24:レガシー」も、アメリカでの放送が2017年 2月5日から2017年4月17日まで全12話の放送でしたが、シーズン2への更新は検討中と言うことで、まだ発表はないようです。5月中にはどちらかの結論が出るようです。注目度と期待値の高いドラマだったので視聴率が良かったらシーズン1の放送中にでも更新が発表されていたと思うけど、予想外の大苦戦で更新が微妙な様子です。


人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海外ドラマ 「タイムレス」 ... | トップ | 2017年にアメリカで放送... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。