MOVIE レビュー

映画と海外ドラマの感想とエンタメ情報を載せています。

映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。

2009年01月26日 | 映画感想 ヤ・ラ・ワ 行

1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最優秀女優賞のダブル受賞は、88年のシガニー・ウィーバー以来の快挙だとか!アカデミー賞のノミネートには、ケイト・ウィンスレットが『愛を読むひと』で今度は主演女優賞にノミネートされています。『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』では助演男優賞にマイケル・シャノンがノミネートされました。

ここから私の感想の追記です。!

観てきましたよ!最初この映画の予告編を観て・・・激しい感情のぶつけ合いの場面が多いのが気になりました。何か重そうな雰囲気が漂っていたので、観ていると暗い気持ちや、やるせない気持ちになって、気分が滅入ってうっとうしくなるだろうと覚悟をして映画を観始めました。しかし、そんなに思ったほど気になりませんでした。ディカプリとケイト・ウィンスレットの二人の迫真の演技に引き込まれ、罵声が飛び交うセリフの応酬でも私の不快指数はそれほど上がりませんでした。むしろ、あまりにハマっているセリフだったりしてクスッと笑える所もありましたわ(まぁ、実際は、和んだり笑える所は皆無でしたが・・・)。

それと、これも予告編から気になっていたのが、ディカプリのサラリーマン姿が似あって無かった!本編で見ても会社の同僚たちとの同じ場面では、彼だけ浮いていた感じ。やっぱり童顔で少年っぽさが抜け切れていない顔立ちがどうしても邪魔をして、仕事に疲れたサラリーマンと言う役柄とのギャップを感じずにはいられませんでした。家庭内の場面でのディカプリは、”希望と現実の狭間で苦闘する若い夫”役と言うのは上手くこなしていたけどねぇ・・・、あのギャップを感じさせた同僚たちが悪い!実は彼らがミスキャストって事で!

内容としては、この映画のテーマは、大体の人が一度は考えた事のあるテーマだと思います。自分の将来の夢と希望、結婚への憧れ、結婚後の二人の輝ける未来!「自分たちは特別な人間だ!」とか「成功するのが当然だ!」と思っている人にとっては、現実が不遇だと(他人から見れば恵まれているように見えるんですけどね!)、「こんなハズではなかった!」と、絶望感や喪失感も大きくなってくると思います。

ここで描かれている夫婦は、まさに自分たちのバラ色の未来を夢見ながらも、いつしか平凡な結婚生活を送るのが精いっぱいの普通の暮らしを送っていました。しかし、その普通の暮らしがどんなに幸せな事なのかは、壊れて無くなってみないと分からなかったんですね!自分たちは特別な人間なんだと言う高いプライドが、普通の幸せでは満足出来なかったんですね。

人によって何が幸せで、何を不幸に感じるかは違うと思いますが、自分を見失うのは不幸の始まりですね。物語のラストは、衝撃的な結末で終わります。ある意味・・・曖昧な終わり方だったかも知れません。いろんなもつれた糸は修復されずに絡まったままプツンと切れた感じなので、観終わった後もスッキリはしません。私は「どうして!?」と言う疑問と重たい思いを抱えたままエンドロールを見つめていました。でも、たまにはこう言う作品を観て、人との関わりを考えるのも良いかも!?ただし、自分のコンディションが悪い時に観たら、キツイかも知れませんよぉ。

画像
007
007
007
「レボリューショナリー・ロード」 (1月24日(土)公開)

上映時間≫ 1時間59分

製作年:製作国≫ 2008年11月 : アメリカ/イギリス
英題≫「 REVOLUTIONARY ROAD 」
監督≫サム・メンデス
出演≫レオナルド・ディカプリオ / ケイト・ウィンスレット / マイケル・シャノン / キャシー・ベイツ他

ストーリー≫1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」の映画化。【富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は二人の子どもに恵まれ、幸せに暮らしていた。しかし、彼らはそれぞれが抱いているヨーロッパでの成功と女優になるという夢の実現のため、人生で大きな賭けに出ることを決意する。】(Yahoo! 映画より抜粋)

来日情報≫ノープロモ!?
ランキング≫
米Yahoo!ユーザー6段階平均評価 「 B 」(3299 ratings)
米Yahoo!批評家6段階平均評価 「 B 」(15 reviews)



人気ブログランキングへ いつもご訪問ありがとうございます。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「007/ 慰めの報酬」の感... | トップ | 「フェイクシティ/ある男のルー... »

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (えい)
2009-01-22 21:56:43
こんばんは。

TBありがとうございました。
この映画「好き」という人は
なかなかの強者。
あっ、これ悪い意味じゃないです。
とてもよくできた映画ですが、
なにせ辛いです。
でもディカプリオもウィンスレットも
最高の演技を見せてくれます。

ご覧になったら、
また感想を聞きにお伺いします。
よろしくお願いいたします。
レスです。 (ミスト  (管理人です))
2009-01-23 00:47:54
こんばんは!コメントどうもありがとうございます。
この映画、最初は観るのをためらっていたんですけど、
ラストが気になってしまいまして!(苦笑)
DVDが出るまで待っていられないので観ることにしました。

今週末に観に行く予定にしていますので、
またよろしくお願いします。
こんにちは~♪ (由香)
2009-01-27 14:11:05
お邪魔します♪
いつもお世話になっております。
今後とも宜しくお願い致します

レオとケイトの共演とあって楽しみにしていましたが、、、イマイチ好きになれない作品でした
二人の演技合戦は見応えがあったのですが、、、
個人的にはエイプリルが何を考えているのかサッパリ分からなくって戸惑いました。

レオはいつまで経っても童顔が抜けませんね~(笑)本人も気にしているのか、最近ハードな役ばかり演じていましたね。
元々演技力がある方だと思うので、今後もめげずに(笑)頑張って欲しいです
レスです。 (ミスト  (管理人です))
2009-01-27 16:59:10
由香さん、こちらこそいつもTBでお世話になっています。
今年もよろしくお願いします。

>個人的にはエイプリルが何を考えているのか
>サッパリ分からなくって戸惑いました。

★そうですね、特に最後のあの決断はどうなんでしょう?
 彼女自身、何もかも諦めた結果の決断なんでしょうかね!?
 限りなく自己中な決断で、ちょっと理解しにくいですね。  
こんにちは。 (たいむ)
2009-01-27 18:45:22
もっというならば「自分を見失っている事に気がつかないのは不幸の極み」かな?(^^;
タイトルからは想像の出来ない内容。体調や精神が安定してないとキツイかもしれませんね。
レスです。 (ミスト  (管理人です。))
2009-01-27 23:29:18
たいむさん、こんばんは!コメントありがとうございます。

>もっというならば「自分を見失っている事に気がつかないのは不幸の極み」かな?(^^;

★まぁ、あのエイプリルの傲慢さと自己中ぶりを見ていたら、
 見失っている事に気づいていなかったでしょうね!?(@_@;)
 しかし、壮絶な夫婦喧嘩でした!(笑)
はじめまして。 (BC)
2009-01-28 01:21:27
ミストさん、はじめまして。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

妻は自分を見失っている事に気づく余裕すらなく極度に思いつめてしまったのでしょうね。

観終わった後も何気に深く考えさせられる作品でしたね。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-01-28 09:16:22
TBありがとうございました!

人によって何を幸せと感じるかが違うってところが一番の問題なんですよね。
夫婦の間であってもそれは違いますし・・・。
エイプリルの描く夢にフランクは最初から乗り切れていなかったですよね~。
フランクの昇進、エイプリルの妊娠など、畳み掛けるようなバッドタイミング(グッドタイミング?)のエピソードにハラハラしっぱなしでした。
レスです。 (ミスト  (管理人です。))
2009-01-28 10:44:48
BCさん、初めましてこんにちは!コメントありがとうございます。

>観終わった後も何気に深く考えさせられる作品でしたね。

★そうですね!他人との関わりも含めて色々な問題が有りましたね。
 幸せのハードルが高いと中々満足できないでしょうね。
 独身の時は、プライドって手に持てから扱いやすいですけど、
 結婚すると、両手に子どもと夫を持っちゃうと、
 プライドは両肩に乗せるしかない!(苦笑) そうすると、
 プライドって言う奴は、両肩に重くのしかかってくるんですよ。(~_~メ)
 早く肩の荷を下ろした方が楽になりますが・・・
 それがオバちゃん化に繋がる恐れが有るので要注意です!(*^_^*)
 
 
 
レスです。 (ミスト  (管理人です。))
2009-01-28 10:56:47
ミチさん、こんにちは!

>人によって何を幸せと感じるかが違うってところが一番の問題なんですよね。
>夫婦の間であってもそれは違いますし・・・。
>エイプリルの描く夢にフランクは最初から乗り切れていなかったですよね~。

★夫婦の間で、価値観が異なると大変でしょうね。
 夢のような話って、計画を立てている時は、
 不安は感じないように無意識の内に遠ざけているんでしょうけど、
 現実的な問題に直面すると、計画の不安さが露呈してしまう。
 それで、現実を直視している夫が軌道修正しようとしたけど、
 妻はそれを拒絶したってことですね。
 若い頃感じていた”夢を追う楽しさ”を思い出してしまったからねぇ。(/_;)

不満 (kossy)
2009-02-02 11:51:42
今の世の中だったら仕事があるだけでも幸福なんですけど、アメリカでも高度成長期でしたから今の感覚とは違うんですよね~
まぁ、ほんと羨ましいほどの生活なのに・・・

夢を追うことができるのは30歳前後までなのかもしれませんね・・・
>こんばんは! (アイマック)
2009-02-02 22:53:22
ミストさん、こんばんは!
コメントありがとう。

白熱したふたりの演技、見応えありましたね。
だれることなくひきこまれてしまいました。
そうレオのサラリーマン姿は似合わなかった・・
シャツ姿はいいんだけど、やっぱ童顔が致命的なのか。苦笑
女性の場合、身近なテーマでもあって、幸せとは?結婚とは?といろいろ考えてしまう作品でしたー。
レスです。 (ミスト  (管理人です))
2009-02-03 01:03:25
kossyさん、こんばんは!
コメントありがとうございます♪

>夢を追うことができるのは30歳前後までなのかもしれませんね・・・

★そうですね!
 30歳過ぎると、結婚をして子供もいてと言う感じですから・・・
 現実問題として安定した収入のある生活というのを
 どうしても考えてしまいますね。
 でも、若い頃の夢を忘れられない人は
 心の隅っこで不満が鬱積してくるんでしょう。
 それにしても、あの最後の晩餐みたいな、
 最後の朝食のシーン・・・後から思ったら、怖いぃ!
レスです。 (ミスト  (管理人です))
2009-02-03 01:16:42
アイマックさん、こんばんは!

>白熱したふたりの演技、見応えありましたね。

★ほんとに!
 二人の演技は流石でした。共演者も芸達者が揃ってたし。
 地味なテーマだと思うけど、引き込まれましたわ。

>そうレオのサラリーマン姿は似合わなかった・・
>シャツ姿はいいんだけど、やっぱ童顔が致命的なのか。苦笑

★う~ん、あの髪型も帽子もね!(苦笑)
 最近のアクション系の映画は案外いけてましたけどね!
 自他共に認める演技派なのに、あの童顔が惜しい! 
TB返し、そしてコメントありがとうございました! (pure)
2009-02-07 01:33:24
確かにコンディションが悪い時見たらキツイかもですね(^^;)
でも私は楽しく?って言うと語弊がありますが、、興味深く見ることが出来ました!
自分はまだ20代前半で独身なのですが、今からこのエイプリルに共感だなんて、ちょっと将来不安かも…?(苦笑)
レオはやっぱり童顔ですよねぇ。スコセッシ監督作品など、最近男くさい作品が多かったけど、やっぱりこういう役を演じると童顔なんだなと再認識。(笑)でも好きな俳優です!でもでも、賞レースには恵まれない俳優ですよね
レスです。 (ミスト  (管理人です))
2009-02-08 02:18:24
pureさん、こんばんは。

>私は楽しく?って言うと語弊があります
>が、、興味深く見ることが出来ました!

★私も実は一人面白がって観ていた箇所が少しありますよ。
 共感と言うまではいかないけど・・・、
 「うん、その気持ちわかるぅ~」って言う所があります。
 前を向いてプライドを持ち続けて生きるのは大切だとも思う。
 エイプリルの場合は、前ばかり向いて横に居るはずの
 大切な家族が見えなくなってしまったのが悲劇でしたね。
ハッピーエンドじゃないendingもまた可 (nudge_nudge)
2009-02-17 23:04:42
はじめまして。
ここの映画レビュー、なかなかいいですね。幾つか読ませてもらいました。(お気に入りに入れますね)
「ディカプリのサラリーマン姿が似あって無かった」のコメントに思わず、拍手してしまいました。そういう見かたもあるんだな、と。私のレビューをTBさせて下さい。
レスです。 (ミスト  (管理人です))
2009-02-18 00:17:16
nudge_nudgeさん、こんばんは。

コールドプレイの訳詞でもお世話になっていましたね。こちらにも来て頂いたんですか!ありがとうございます。こちらからもブックマークさせて頂きました。また訳詞でも伺わせてもらいますので、またよろしくです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。