MOVIE レビュー

映画と海外ドラマの感想とエンタメ情報を載せています。

「エラゴン 遺志を継ぐ者」を観ました。

2006年12月20日 | 映画感想 ア 行
この物語は冒険ファンタジー小説”ドラゴンライダー3部作”の第一部「エラゴン 遺志を継ぐ者」の映画化です。

小説の第一部は2003年に出版され300万部以上を売り上げ、第二部「エルデスト 宿命の赤き翼」もすでに05年11月に発売されています。

最終章の第三部は現在執筆中との事です。早くも3部作のすべてをシリーズ化して映画化する事が決まっているそうです。原作者はクリストファー・パオリーニ。

■ストーリー抜粋≫

【 ドラゴンライダー…竜と心を交わし、強靱な体と魔法を受け継ぎ、剣の使い手である誇り高き種族。かつて森と山脈の国アラゲイジアは、ドラゴンライダーの力で、繁栄をきわめた。 影にうごめく怪人族アーガルや邪悪な勢力をしりぞけ、 何千年も黄金の時代が続いた。 人間とドワーフ族は友人であり、エルフ族の姿もそこにあった。 しかし、黄金の時代も永遠ではなかった。 ひとりの裏切り者が十三人の仲間とともに国をのっとり、 善なるライダー族とドラゴンは滅ぼされた。 今では邪悪なガルバトリックス(ジョン・マルコヴィッチ)が王となり国を支配し、人々を恐怖と圧政で苦しめていた。・・・そんな中、農場に暮らす17歳の少年エラゴン(エド・スペリーアス)は、ある日、森の中で光を放つ青い石を見つける。その石は、世界の命運を握るドラゴンの卵だった。】

■感想です≫

この映画は、皆さんご存知の「ハリポタ」、「ロード・オブ・ザ・リング」、「スターウォーズ」、「ドラクエ」、などの要素をいっぱい詰め込んだ(あまり詰めきれてはいないですが・・)、見る前から大体の展開が想像できる映画ですね。でも、私は冒険ファンタジー物が好きなので、この映画は普通に楽しめました。ただ、キャッチコピーの「史上最大のファンタジー 遂に始動」って言うのは・・・言い過ぎかと思いますが!?

とは言っても、壮大なスケールの予感を期待させていた「ナルニア国物語」よりも、この「エラゴン 遺志を継ぐ者」の方が、スケール感は小さいですが、主役二人(!?)のキャラクター設定が魅力的で、生と死を共有する間柄となったドラゴンとドラゴンライダーの絆が感動的だったし、私は「エラゴン・・・」の方が面白かったです。上映時間も1時間44分とシリーズ化が約束されている最近の大作系映画にしては短めで、そんなに飽きさせませんでした。私は原作を読んでいないので分からないのですが・・・たぶん、原作で描かれているであろう細かい人物描写などは、映画ではバッサリ切り捨てていたと思いますが、こう言うお決まりの映画ではストーリー展開にあまり支障が無かったと思います。

映画のオープニング映像が、RPG系ゲームの始まりに良く似ていて、その後の展開も続々とお馴染みのゲームや色んな映画のエッセンスが登場してきます。最初からこの映画をRPGの映画版だと思って観たら、物語に深みがないとか、ご都合主義だとか、全然気になりません。こう言う単純明快なストーリー展開は、単に娯楽作品として観ると楽しめると思います。

映像の凄さはルーカス監督のVFX工房ILMが全面バックアップと言うだけあって、見応えたっぷりでした。特にドラゴンと主人公エラゴンの絡みが全く無理なく見せてくれました。「ナルニア国物語」ではライオンが口パクで英語を話していて、おまけに内容が哲学的、かつ宗教的な言葉だったりして、めっちゃ違和感が有って、その違和感が気になり出すと物語の中に最後まで入っていけませんでした。

しかし、この「エラゴン・・・」の中のドラゴンの出来栄えには驚かされました。喜怒哀楽の表情でさえ、何の違和感も無くそれらしく感情が表現できていました。そして主人公の青年エラゴンとの心の交信がリアルに伝わってきました。このVFXの出来一つで、物語がグレードアップしたように思います。残されたドラゴンの3個の卵の内の1個はエラゴンによって孵されました!残りの2個の卵の行く末も観たくなりました。


主 要 登 場 人 物
aa
【 サフィラ 】

(VFX)


エラゴンによって卵から
孵った雌ドラゴン

【 エラゴン 】

(エド・スペリーアス)


伝説の種族ドラゴンライダーに選ばれた青年
【 ブロム 】

(ジェレミー・アイアンズ)


帝国の歴史やドラゴンに詳しくエラゴンの師となる
【 アーリア 】

(シエンナ・ギロリー)


王からドラゴンの卵を奪い返すエルフ族の密使。
【ガルバトリックス】

(ジョン・マルコヴィッチ)


アラゲイジアを支配する邪悪な国王
【 ダーザ 】

(ロバート・カーライル)


国王に仕える妖術を使うシェイドのリーダー 



人気blogランキングへ ポチッと押して頂くと励みになります。

私の楽天ブログ(GOOD☆NEWS )はこちらです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「007 / カジノ・ロワイヤル... | トップ | 来年公開の「ダイ・ハード4.0」... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オオーw(*゜o゜*)w (とんちゃん)
2006-12-20 21:04:35
ミストさん、お久しぶりです~~★
お元気でしたか?(^.^)
BLOGタイトルが変わったんですね。
リンクのところ直しておきます (*_ _)人ゴメンナサイ

ところで私も普通に楽しめました。
こ~いうファンタジー系はよほどじゃない限り
私は好きですね~~。
普段、色々お疲れモードなので(笑)、こ~いう
壮大なスケールの絵空事を観る事で、気持ちの凝りがほぐれていく気がしま~~す。

レスです。 (ミスト(管理人))
2006-12-21 11:36:30
とんちゃん、こんにちは。

>ミストさん、お久しぶりです~~★お元気でしたか?(^.^)
>BLOGタイトルが変わったんですね。
>リンクのところ直しておきます (*_ _)人ゴメンナサイ

★お久しぶりです。忘れないでいてくれて嬉しいです。
 すみません、ブログ名変更のチェックありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします。
 11月は観たい映画が無かったので書き込みは殆どしてませんでした。(^^ゞ
 楽天のブログの方には、野球の話などを
 ちょこちょこ書いていたのですが、
 ここは映画の関係だけのブログだからね。書くネタが無かった。(笑)

>ところで私も普通に楽しめました。
>こ~いうファンタジー系はよほどじゃない限り
私は好きですね~~。
>普段、色々お疲れモードなので(笑)、こ~いう
>壮大なスケールの絵空事を観る事で、気持ちの凝りがほぐれていく気がしま~~す。

★うんうん、同感です!
 そんなに物語の独自性って出せる物じゃないと思うし、似通うのは仕方がない。
 ある程度は、妥協しながら観ないと好きな映画が観れなくなる。(苦笑) 
 
 
TBありがとうございます ( カンパネルラ)
2006-12-22 15:50:54
指輪物語ほど暗くも複雑でもなくて楽しめる映画でしたね。
「・・・サーガ」というものは、とかく、ストーリーが細かくて、枝葉の物語を入れ込むと、散漫になってしまうのですが、この「エラゴン」は、かなりシンプルになっていてよかったですね。

ドラゴンにはとても感心しました。
ホント、VFXはここまで来たのか・・と言う感じ。
次回作が楽しみです。

映画は、仕事の合間に見る場合は疲れないのが一番・・・こういうファンタジーはとても好きです。
レスです。 (ミスト(管理人))
2006-12-22 17:47:38
カンパネルラさん、こんにちは。

>指輪物語ほど暗くも複雑でもなくて楽しめる映画でしたね。
>「・・・サーガ」というものは、とかく、ストーリーが細かくて、
>枝葉の物語を入れ込むと、散漫になってしまうのですが、
>この「エラゴン」は、かなりシンプルになっていてよかったですね。

★そうですね。細かいストーリーまで入れたら入れたで、
 中だるみだとか、時間が長過ぎとか言う声も出ますからね。
 これ位の映画だったら、自分の想像力もちょっと付け足したら
 十分理解できて楽しめると思います。 

>ドラゴンにはとても感心しました。
>ホント、VFXはここまで来たのか・・と言う感じ。
次回作が楽しみです。
>映画は、仕事の合間に見る場合は疲れないのが一番・・・
>こういうファンタジーはとても好きです。

★ドラゴンが同じ空間に居るようでしたね。
 たまにはこう言うアッサリ軽めのタッチの映画も良いですね。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-12-22 22:34:04
こんばんは♪
ご無沙汰しています~。
どこかで見た感じは否めないファンタジーでしたが、最終章は今執筆中とのことですから、まだまだ面白くなるかもしれませんね。
エラゴンの成長をもっと描きこんでいってもらいたいな~と思います。
ドラゴンに乗って戦うシーンは、さすがにILMだけあって迫力モノでした。
レスです。 (ミスト(管理人))
2006-12-23 00:03:06
ミチさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

>こんばんは♪ご無沙汰しています~。
>どこかで見た感じは否めないファンタジーでしたが、
>最終章は今執筆中とのことですから、
>まだまだ面白くなるかもしれませんね。

★似通うのは後発ファンタジーの宿命でしょうかね。(笑)
 今の子供達は情報の洪水の中で育っていますから、
 頭の何処かにそれらがインプットされてしまっていて、
 創造する時に無意識の内に過去のいろんな情報が
 反映されてしまう事も有るでしょうから、
 独自性を出すのは並み大抵ではないでしょう。
 オマケにストーリー展開のパターンは出尽くした感が有りますしね。(笑)
  
>エラゴンの成長をもっと描きこんでいってもらいたいな~と思います。
>ドラゴンに乗って戦うシーンは、さすがにILMだけあって迫力モノでした。

★エラゴンったらすぐに勇者になってましたね。
 まぁ、出来の悪い子ほど可愛いって言いますから・・・
 この映画も長~い目で見てあげようと思っています。
今晩は☆ (mezzotint)
2006-12-28 22:55:34
ミストさん
TB・コメント、ありがとうございます
すみませんm(__)mもう一度! (mezzotint)
2006-12-28 23:04:42
ミストさん
どうも失礼しました
書いていたところ、間違って押しちゃい
ました本当にあ
いう間に終わってしまい、何か拍子抜けしてしまいました。やはり序章なのかな次回作を
期待するほうがよいのか・・・・。
ありがちなお話に、ちょっと物足りなさもでも年間に制作される映画の数
を考えると、似たものがあっても不思議ではない
ですよね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。