走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~

カナダ、BC州でメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療しています。登場人物は全て仮名です。

差別するのはやめてください

2017-06-20 | 仕事
薬物依存になるのは心が弱いから、と思う人が大勢います。社会のクズだとも。

依存がある方にレッテルを貼る為ではないですが、一般の人を納得させるのには薬物依存は病気であると言うとわかってもらえます。

糖尿病も高血圧も高脂血症も喫煙による慢性閉塞性肺疾患も生活習慣病です。これらの病状や予後を左右するのが生活習慣の改善。

言うのは簡単。しかし食事量を減らすのもお酒の量を減らすのも、減塩するのも、禁煙するのも
運動量を増やすのも継続してできない人が大勢います。

投薬でコントロールできるには限度があり、全く改善しない人だっています。患者自身が生活を変えようと決意し取り組みを継続する事がとても大切です。

薬物依存も同じです。本人が変えようと決心し実行するまで病状はどんどん悪化します。人間 「変わる」には並々ならぬ努力が付帯します。

だから薬物依存を特別なように言うのをやめてください。糖尿病がコントロール出来ていないからと退職に追いやったり、社会から制裁する事はないでしょう。病気で人を差別することもないでしょう。薬物依存だって他の生活習慣病と同じなんです。生活習慣を変える事が出来なくて病んでいる人なんです。

と、これは先日の会議で市議会員に向かって私が言い放った言葉でした。薬物依存者をクズのようにベラベラ言うのでかチーンときて、、、。その場はシーンとしましたが、頭がカチコチの政治家に伝わったかしら?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母になる悩み | トップ | きっかけ作り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL