走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~

カナダ、BC州でメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療しています。登場人物は全て仮名です。

おたふく

2017-09-21 | 仕事
BC州ではおたふく風邪が流行っています。昨年、ホッケーのカナックスチームで流行り試合に出場できなかった選手がいた事は記憶に新しい。5日前ウイスラーで集団発生したのを受けてバンクーバー周辺の保険機構は市民に対し追加のワクチン摂取を警告を行いました。しかし私が働く所では何もお知らせが出ていません。

で、今日の患者さんがおたふくっぽい。年齢もワクチンが効いていない世代。そして本人はワクチンを何回したか知らない。

こう言う感染症は州の保健局からお知らせが早く来るので、お知らせに沿って検査を送ったり対処をするのですがそれがない。

んんんん〜どうしよう。保健局のサイトも州の感染センターのサイトにも何も情報はなし。Uptodate で検索してもしっくりこない。サポートの医師に相談しましたが、彼もわからないと。隔離の説明と血液検査に送ることにして患者をひとまず返しました。血液検査は他の鑑別診断のため。

そして保健局のパブリック メディカル オフィサーに電話を。BC州の感染センターの窓口に電話するように言われました。調査の開始です。そして地元の保健局の看護師さんから電話が入る。あっという間の早さでした。追加の検査も出すように言われました。

検査は唾液と尿検査。検査名は?おたふくの疑いって書いておけば検査室がきちんとしてくれるから、と。

拍子抜けするほどの簡単な返事。患者の呼び戻しです。来てくれると良いけど。この方日常生活に必要なことが非常に弱い方なので。何ヶ月前に出した検査も未だに行ってくれていません。

ブンブンブンと素早い対応に感動。何があっても対応が早い(SARSの時もそうだった)。安心できる国で働いている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懺悔 | トップ | 納税 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL