走るナースプラクティショナー ~診断も治療もできる資格を持ち診療所の他に診療移動車に乗って街を走り診療しています~

カナダ、BC州でメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療しています。登場人物は全て仮名です。

親に隠れて

2017-09-17 | 仕事
学校が始まると始まるのが高校でのクリニック。最初の生徒はこの暑い中毛糸の帽子を被っている。チラッと見せている前髪が何ともカツラのようでユニークだ。

ジェンダーブレッドを聞いてみる。見かけは女過ぎず男過ぎず、中性が良いという。あーだからそんなヘアスタイルね。

終業のベルはすでになっていた。診察が少し長引いた。校内放送が入る。彼女の名前を呼び、至急職員室へ来いと。

やばい、親父だ!と毛糸の帽子を脱ぎ長い髪の毛を結い直す。ポカンとしてみている私に向かって、髪を切らせてくれないから、、、車で迎えに来た父親に悟られないよう、髪型を変える。

何でも宗教上の理由で髪の毛を切ってはいけないと言われるらしい。だからお迎えの前後に両親が求める髪型にして、学校ではボーイッシュな髪型を帽子を使って作り出す。

ああ、そういう事か。

旦那は熱心なキリスト教の両親の元育った。3人いるお姉さん達は子供の頃ズボンを履く事が許されなかった。しかし2番目のお姉さんは高校に着くとロッカーに隠しているジーンズに履き替えて授業に出ていたそうだ。

今も昔も変わらない。子供は親の目をかいくぐり自分のしたいように生きていく。



夏最後の週末とされている今週末の天気は快晴!朝から緑の道を散歩で始まります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巻き上げられる | トップ | まだまだ必要、微調整 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL