M's World

食と酒にまつわるエトセトラ

飲んでみたい

2017年05月12日 | グルメ

熱を加えることなく物理的に日本酒を濃縮し、アルコール度数を約2倍にした世界初の酒「concentration 作 凝縮 H」(以下「凝縮 H」)が、2017年3月に発売された。 

 販売元は三重県鈴鹿市にある、1869年(明治2年)創業の酒蔵・清水清三郎商店。三菱ケミカルと共同で開発を進め、同社が開発した「ゼオライト膜 KonKer(以下、ゼオライト膜)によって同蔵の純米酒「作 穂乃智」のアルコール度数 を30 度までアップさせた。
(日経トレンディより)


フィルターで濃縮するなんてスゴイ発想。
科学の力ですね。

肝心のお味は?
記事によりますと、日本酒のイメージとは違い、蒸留酒のウォッカやテキーラのように強烈なアルコールが先にでる。

しかし、アテに「ようかん」「チーズ」「チョコレート」などと合わせてみると、“日本酒らしいうまみ”が弾けだし“甘いフルーツの香り”と“キレのいい後味”が増幅される。

食中酒ではなく、グラッパのように食後酒として楽しみたいお酒だそうです。

 
一度、飲んでみたいですね。

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」
(by ランバ・ラル)


(機動戦士ガンダム)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良ならでは | トップ | 坊主バー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nao)
2017-05-13 22:49:42
これですね。
Unknown (nao)
2017-05-14 05:02:44
https://matome.naver.jp/odai/2134562558254101701/2134603675385949603
グフ (Missy)
2017-05-14 07:30:54
それは全然違います(笑)

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。