M's World

食と酒にまつわるエトセトラ

付きだし考(1)

2016年11月26日 | グルメ

居酒屋さんで必ず出てくる「付きだし」

外国人にとっては、「頼んでいないのに勝手に出されてお金を取るなんて! アリエナイ!」 と叫びたくなる日本の文化です。

でも「付きだし」って大切なんですよ。
日本文化を含めて、「付きだし」を考える非定期連載企画です。 

 

一品として考えると、この「付きだし」は、すべてのお客さんが食べる料理です。
しかも最初に食べます。
「ここは、こういうお店ですよ」ということをアピールするには最適です。

年がら年中「冷凍枝豆」を出すのは、なんか楽しくないですよね。
お店側としては、コストと手間を考えるのは理解していますが、ちょこっと工夫ができるところなのに。。。
もったいないぁーです。

「付きだし」に一手間かけて、毎回違った「付きだし」を出してくださるお店にいくと嬉しいです。
季節の付きだし、味の濃いもの薄いもの、さっぱりしたもの・・・
私の心をつかんだ「付きだし」をご紹介していきます。

第1回は三宮『鶏SHIN』さんの付きだし
『鶏SHIN』さんは、女性にも人気のちょっとオシャレな焼き鳥屋さんです。

素揚げしたズリをサルサソースに絡めて。
野菜をあしらえ、チーズを振り掛けてあります。

焼き鳥屋さんなので、素材は鶏。
コリコリ食感もいいし、ソースが食欲をそそります。
洋風アレンジはオシャレ焼き鳥屋さんのイメージピッタリですね。 

すべては「付きだし」から始まります。 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸マラソン、応援ありがと... | トップ | 付きだし考(2) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。