M's World

食と酒にまつわるエトセトラ

カニカニ大作戦

2017年01月30日 | グルメ

今年も竹野海岸の『浜富』さんへ「カニ」を食べに行ってきました。

毎年、カニのボリュームに圧倒されてしまいます。
これまでの経験を活かして作戦を立てました(笑)

(作戦その1)その日の昼食はちょっと早めの11時に
そこから間食をせず、小腹が空いても我慢です。
体調万全・空腹状態で18時からの「カニフルコース」に挑みます。

乾杯のあと「カニ味噌豆腐」「なまこ」「カニ酢」

(作戦その2)ビールは控えめ
この作戦は考えていなかったのですが、「香住鶴しぼりたて」があったので、早々にビールから日本酒へ切替え。
これが後々効いてくることになりました。

甘い「カニ刺し」をツルっと。



(作戦その3)舟盛を早めに出航させる
『浜富』さんでは、豪華舟盛りがあります。
この新鮮お刺身を早々に片付けないと、次のカニを置く場所がありません。
間があいてしまうと、箸が止まってしまいます。



(作戦その4)「カニ味噌」は3種類の楽しみ方で
「カニ味噌」はまずそのままで、「茹でカニ」に絡めて、そして最後は「甲羅酒」に。
組み合わせで変化を楽しむことができます。



(作戦その5)「茹でカニ」は食べやすいところを
「茹でカニ」は太い足の部分を中心に。
食べにくい腹の部分は、最後の雑炊のために残しておきます。



(作戦その6)「焼きカニ」の腹は豪快に
「焼きカニ」の腹の部分は濃厚で美味です。
豪快にかぶりつき、口の中に残った殻を後から出して食べます。
綺麗に食べることはありません。多少、身がのこっていても気にしない、気にしない。



ここで折り返しの「但馬牛ステーキ」
順調なペースできています。



「カニしゃぶ」
あー、やっぱり美味しい。
ここに作戦は不要です。



「カニすき」、ここからは体力勝負(笑)
(作戦その7)カニは食べやすいところだけ、後は雑炊用に
野菜、キノコ、豆腐、糸コンを中心にいただきます。

ゴールが見えてきました「雑炊」です。
(作戦その8)雑炊はしゃばしゃば目で
ご飯をすくなく、出汁が多目で作っていただけるようにお願いしました。
そこに準備をしていたカニ身をタップリ。
これなら2杯いけます。
「カニ味噌」用のさじ(スプーン)を置いておけばもっと食べやすかった。(次への教訓)

栄光のゴール!
時間は約3時間、見事に完食です。
本当に充実した戦いでした。
勝利の「バニラアイスクリーム キャラメルソースがけ」



ご馳走様でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テレパス | トップ | ゲレンデで「カツ丼」Ⅱ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。