大和ハウス xevoΣ の平屋で暮らす

大和ハウスのxevoΣで平屋を建てました。建てるまでのこと、建ててからのこと、いろいろ書いていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

給湯器の選択

2017-02-21 23:25:36 | 家のこと
我が家の給湯器はリンナイのハイブリッド給湯器エコワンですが、この選択に関しては正直正しかったのかはまだよくわかりません。
(´Д`)

というのは、エネルギーシステムで最初に決まったのは太陽光+蓄電池でした。そうなると当然のようにオール電化+エコキュートというのが頭にあったわけですが…。

ところが、大和ハウスさんの提案はハイブリッド給湯器!、またまたそれってなに?からのスタートです。

ハイブリッド給湯器というのは、いわゆる高効率ガス式給湯器のエコジョーズと、ヒートポンプ方式の電気式給湯器(エコキュートも同じ方式)を組み合わせたもので、ガスと電気のいいとこどりをした製品です(リンナイ談)。

省エネ給湯システムとしては、他にガスで発電してお湯を沸かすエネファームとかもありますが、このあたり名前は聞いたことはあったものの、仕組みについてはまったくわかってませんでした。

大和さんになぜオール電化じゃないのか聞いてみたところ、最近は深夜電力が値上がりしており、メリットが薄れてきていること、また床暖房をつける場合、ガス温水式が設置費用、ランニングコストともに優れているからとのことでした。

素人としてはお任せするしかないかということで、とりあえずハイブリッド給湯器に決定したのですが、その場合プロパンガスがお薦めだと。

(以下、心の声)

えっ!
( ̄□ ̄;)!!
なんでプロパン?都市ガスのほうが安いし…、なんかだまされてる!?

(後から聞いたら妻も同じ気持ちだったらしい)

プロパンガスの場合、設備はガス屋さんもちで初期費用がかからないメリットもあり、更に大和さんと提携していることでガス代も安くなるとのこと。

旧宅ではプロパンガスだったのですが、実際2~3割安い見積もりがもらえました。

あとから調べたところでは、都市ガス陣営が推すのがエネファーム、電力陣営が推すのがエコキュート、いいとこどりしたエコワンは性能が優れているにもかかわらず、そのどっちからも疎まれ、同じく微妙な立場のプロパンガス業界と組んだということらしい(本当かどうかはわかりません)。

まぁ我が家はその戦略にうまくのっけられてしまったわけで、正解だったのかはこの先のエネルギー料金の推移を見ていくしかありません。

ちなみに今のところは、エアコン、床暖房もそれなりに使って、電気代、ガス代ともに旧宅とほぼ同等、床暖房が増えてますので損してる感覚はありません。
(*´∀`)

がんばれ、エコワン!。
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 一ヶ月点検と補修 | トップ | 給湯器の選択【その2】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。