大和ハウス xevoΣ の平屋で暮らす

大和ハウスのxevoΣで平屋を建てました。建てるまでのこと、建ててからのこと、いろいろ書いていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平屋に必要な土地の広さは

2017-03-15 19:04:31 | 家のこと
あたりまえですが、家を建てるためには、土地がないことには始まりません。

平屋を建てるとなると、広さもそれなりに必要になるわけですが、妻は不便な田舎は絶対イヤ!というタイプ。
(´Д`)

こりゃ長期戦になるかな…と、覚悟しての土地探しスタートでした。

さて、平屋を建てる場合、土地の広さはどのくらい必要なんでしょう?。

我が家では次のような計算で割り出してます。

少し余裕めの3LDKで家本体+デッキ部が35坪、住宅地の場合、日当たりも考えると南側に庭が10坪、家の周りで10坪、クルマ3台分の駐車場とアプローチで15坪、の合計70坪が最低ライン。

初めはハウスメーカーさんが色々紹介してくれるんだろうと思っていたのですが、どこのメーカーさんもなかなかピンとくる物件はなく。

で、我が家の場合、最終的にはネットで自分で探した土地に決めました。

ネットの情報だといい土地は見つからないとか言われていますが、結局はタイミングなんでしょうね。

前の方がなにかの事情でキャンセルになり、ちょうど値下げしたところにうまくはまった模様で、区画整理地で形の整った71坪の土地が、ほぼ予算内で見つかったのは、正直運命だったのかなとも思えるほどです。

長期戦どころか、まったく苦労せずに見つかってしまったのでした。

で、シミレーションした広さはどうだったかと言うと…。

ほぼピッタリでした。
(*´∀`)♪

建坪31坪+テラス4坪の家に対して、これより狭かったら、日当たりの面で厳しかったかもという印象です。

ちなみに南側には二階建ての家が建っているのですが、LDKからは約6~7メーターの距離がとれたことで、太陽の低い季節でもギリOK。

但しこれは、大和ハウスの場合、基礎が布基礎で60センチほどあるので、それより低い場合は若干キツイかもしれません。

以上、平屋の土地をお探しの方に、少しでも参考になればうれしいです!。



ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 大和ハウスのキャンペーン | トップ | 残響音その後 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。