お前と俺は別々の道!!

みんなは第2種電気工事士を受けるけど。。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶり

2007-07-24 11:34:26 | Weblog
みんなの第2種電気工事士の試験も終わりましたみんなうまく行ったらしい
9月の第1週の日曜に電検3種の試験があるんだげどインターンシップが迫ってて、その準備で実習が始まってるのでブログはしばらく休みにします
コメント (7)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

力率改善の方法

2007-07-13 10:25:35 | Weblog
ここ2,3日じめじめしてます週末は晴れてくれればいいけど

電力用コンデンサ=負荷と並列に接続して進相電流により力率を改善する
分路リアクトル=負荷と並列に接続して遅相電流により力率を改善する

電圧変動や安定度向上のため、最近ではサイリスタを利用した静止型無効電力補償装置がある




調相設備=変電所に直接設ける場合に使うが上の2つより費用がかかる

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は変圧器

2007-07-10 16:15:23 | Weblog
写真の二人はただのピンだから気にしないでほしい

今日は変圧器についてやって行きます
大きな電力を供給する必要があるときは変圧器を2台、並行運転することになるそれにはいくつか条件がある
並行運転の条件
①2台の極性、巻数比、定格電圧が等しいこと
②2台のインピーダンス電圧が等しいこと
③2台のリアクタンスと内部抵抗が等しいこと
④三相変圧器では相回転方向と角変位が等しいこと
また、この条件が揃っていれば変圧器A、Bに流れる電流を次の式で現せる
変圧器Aの電流=I×(Zb/Za+Zb)
変圧器Bの電流=I×(Za/Za+Zb)    Zはインピーダンス(%)

この辺の計算が難しくてよくわからん
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日はただの日記

2007-07-09 09:54:13 | Weblog
おはようございます7月に入ってそろそろあちこちで花火のイベントがある虫にさえ刺されなきゃ夏は最高だな去年の帯広の2万発の花火はすごかった人の多さもすごかったけど今年も行けたら行きたいかな

ところで遂に消防設備士の合否通知が来たブログに書いたってことは・・受かりました久々に資格取った、って感じがしてすごい嬉しい
これで今やってる電検3種の勉強にも身が入るぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変電所

2007-07-05 10:51:23 | Weblog
クラスのみんなは電気工事士のブログを書いてるわけだけど、その筆記試験の結果が出たらしい。通知はまだ来てないが、パソコンで合否が見られる。何人かは落ちたらしい俺の消防設備士の結果は来週あたりだ

原子力発電も終わって今日から変電所に入っていきます。出題の傾向としては変電所の役割やその他に設置される機器の役割などが多いまた、変圧器の並列運転の負荷分担、力率の改善、短絡電流などの計算問題も入ってくる。
覚えること多いな


「変電所の役割」
①電圧の昇圧、または降圧を行う
②配電線、送電線の保安保護をする
③有効電力、無効電力の制御をする
④周波数の変換を行う(50Hz⇔60Hz)
⑤過負荷や事故時に系統の切り替えを行う

「変電所に設置される機器」
①遮断機=負荷電流の開閉や故障時に発生した過電流を自動的に遮断する
②断路器=電流の流れてない回路、または小さい回路での開閉に使い、二次側の修理、点検をする
③避雷器=落雷や開閉器の動作で生じた以上電圧から機器を守る。雷の直撃を防ぐものではない
④架空地線=機器を雷の直撃から守る
⑤変流器=大きい電流を機器に適した大きさの電流に変換する
⑥分路リアクトル=力率改善。電力コンデンサと同期調相機も同じ役割だが使用条件に違いがある。また今度詳しくやります

・・・疲れたではまた明日
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

軽水炉

2007-07-04 10:24:24 | Weblog
昨日友達の彼氏見せてもらったけど、かなりカッコ良かったまあ、別れないように頑張れって言っといたけど内心はフラレちまえ人の幸せ素直に喜べないとやっぱダメだなまーなんとでもなるでしょう
今日は27℃まで気温上がるみたいです。夏最高

今日は原子力発電の主な出題範囲である原子炉、その中でもよく使われている軽水炉についてやっていく。


軽水とはふつうの水のことで、軽水炉は前回説明した冷却材、減速材に軽水を用いることが出来るので経済的という利点がある。燃料には濃縮ウランを使う
また、軽水炉には2つの種類があり、沸騰水型原子炉(BWR)加圧水型原子炉(PWR)に分けられる

「軽水炉以外の原子炉」
☆ガス冷却炉=燃料は天然ウラン、減速材は黒鉛、冷却材は二酸化炭素を用いる
☆重 水 炉=燃料は天然ウランか濃縮ウラン、減速材に重水、冷却材には重水か軽水を用いる。      転換率を高く取れる。
☆高温ガス炉=燃料は高濃縮ウランとトリウム、減速材に黒鉛、冷却材にヘリウムを用いる。
☆高速増殖炉=燃料は濃縮ウランとプルトニウム、減速材はなく、冷却材はヘリウム。転換率がと       ても高いのが特徴
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原子力発電

2007-07-03 10:30:11 | Weblog
最近なにかと調子よくない金ないしバイトでも探そうかなせっかく夏休みあってもそれじゃ勿体ないし
今日から原子力発電に入ってきますこの範囲が終わればだいだい半分くらい終わったことになる。全体的な仕組みは火力発電に似ているが原子炉に関する問題が多く出題される傾向がある

原子力発電は、原子の核分裂の連鎖反応を原子炉の中で制御しながら行い、そのとき発生したエネルギーで蒸気を作り、タービンを回転させて発電する
電気的に中性な中性子が核燃料の原子核にぶつかることで核分裂が起きる


核分裂では他の化石燃料の燃焼よりはるかに多くのエネルギーが得られる
ウラン235を1g核分裂したときのエネルギー=石炭3t分=石油2,000ℓ分

重要用語の解説
核燃料=ウラン235、プルトニウム239など核分裂に用いる
減速材=軽水、重水、黒鉛、ベリリウムなど。中性子の大きすぎるエネルギーを抑えて核分裂をスムーズにする
冷却材=軽水、二酸化炭素、ヘリウム、液化ナトリウムなど。炉内で発生した熱を外部に取り出す
反射材=軽水、重水、黒鉛、ベリリウム。中性子が炉外に出るのを防ぐ
制御棒=カドミウム、ホウ素など。中性子が燃料に衝突する割合を制御する
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

蒸気タービン

2007-06-28 10:57:19 | Weblog
おはようございます今日はぱっとしない天気だ

今日で火力発電は締めたいと思いますボイラで発生させた蒸気を加熱器で高温高圧にし、それを受けて回転することで発電するのがタービンですタービンにはしくみ、配列の仕方、使用目的などで呼び名がある

「しくみ」
①衝動タービン=高速蒸気がぶつかる時の衝動を利用して羽根車を回転させる
②反動タービン=蒸気が羽根車を離れるときの反動で回転させる
水車のところで載せた衝動水車、反動水車と同じ原理だ

「配列」
①くし形タービン=高、中、低圧の順に一直線上に配列したもので、発電機が一台         で済み安価だが大容量には向かない
②並列形タービン=二つのタービン軸と発電機を設ける方法

「使用目的」
①復水タービン=タービンをでた熱を持った排気を全て復水器に送り効率を高める
②背圧タービン=タービンから出た排気を工場など別の場所で使用する
③抽気背圧タービン=タービンから何段にも排気を取り出し、それぞれの圧             力の蒸気を利用する

後は熱効率、ボイラ効率、タービン効率を求める計算ができるようになれば火力発電はおしまいここまでで電力の3割くらいが終わった残り7割やって、それが終わったら次は理論やって、法規やって、全体の復習して・・・さすが合格率7~9%の試験
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボイラー

2007-06-27 11:46:03 | Weblog
こんにちは消防設備士の合否発表があと10日くらいに迫って一人どきどきしてます。受かったらブログに書こうと思うけど、落ちたら誰にも言わない
湘南乃風の若旦那が12月にパパになるらしいよ相手はMINMIだって。レゲエ一家だな。ちと羨ましい

今日もまだまだ火力発電やってきます
火力発電での燃焼エネルギーを給水に伝えるにはボイラを使う
自然循環ボイラ→水と蒸気の圧力差で循環させる。ボイラには高さが必要になる。
強制循環ボイラ→ポンプを用いて循環させる。熱負荷を均一にでき、ボイラ高さが必要ない
貫流ボイラ→亜臨界圧力から超臨界圧力まで採用。ドラムを使用しない。

節炭器→煙道内にあり、ボイラの排ガスの熱量でボイラへの給水を加熱することで熱効率を上げる

明日もまだまだ火力発電
コメント (1)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

火力発電

2007-06-26 10:56:55 | Weblog
おはようございます。3日ぶりのブログです。
学校では球技大会が金曜に迫ってます。体の調子を整えないと。
火力発電は水力発電の範囲よりも比較的、出題割合が高いようだ。ここも力を入れてやっていく
火力発電設備は、蒸気の膨張力を利用した発電方式です。ボイラー内で燃料を燃焼し、水を熱して蒸気を発生させます。この蒸気がタービンを作動させ、タービンが発電機を回して電気をつくります。汽力発電では、比較的低温域での(600℃以下)熱エネルギーの利用となります。

燃料には固体燃料(石炭)、液体燃料(重油・原油・ナフサ)、気体燃料(天然ガス・高炉ガス)などがある。天然ガスは主成分がメタンガスで燃焼時の二酸化炭素の発生が少ないので無公害燃料として用いられる。

火力発電での蒸気のサイクルは下のようになる
①ボイラ(水を熱して蒸気をつくる)
②加熱器(高温高圧の蒸気にする)
③高圧タービン(蒸気の力で回転力を得て発電する)
④再熱器(再び加熱する)
⑤低圧タービン(蒸気を低圧体温にする)
⑥復水器(冷却して水にする)→ボイラに戻る

この流れは役割をしっかり理解しないと覚えられないと思う。火力発電も難しいな。明日以降につづく
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加