信州味噌を科学する

イロイロ考えちゃうブログ

長寿県なのに老人医療費が少ない不思議

2017-06-19 10:54:06 | 日記
日本全国の平均寿命ランキングをみると、長野県はトップクラスの長寿県です

長寿県として知られる沖縄の明るく解放的なイメージと、山国・長野とで、食事や生活習慣に関する類似性をみつけるのはむずかしいです。

長野のどこに、長寿の秘訣があるのでしょうか

それを解明するひとつの手がかりが、長野県での自宅死亡率の高さです。

死亡者のうち3割を超える人が自宅で息を引き取っており、病院のベッドの上での臨終が当たり前のような最近の風潮に待ったをかける数字です。

病院で死なないということは、なかなか入院しないということで、厚生省「国民生活基礎調査」による過去のデータで、入院患者の在院日数の平均は全国46位。

それにつれて老人医療費の1人あたり年間額も最下位。

長野の高齢者が、元気な老後を過ごし、家族に看取られて亡くなっているケースが多いことを示すデータはまだあります。

70歳を過ぎても配偶者のいる率が1位、高齢者就業率も1位。

それを支えているのは高齢者単独世帯の割合が低い、持ち家比率が高いというデータで、要するに2世帯・3世帯同居して、離婚もせずいつまでも仕事の現役でいる、という姿が見えてきます。

子どものしつけは家庭からとよくいわれますが、老人の健康も家族からともいえる日本の家族制度の美徳が、長野県には残されているようです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バスケの背番号 | トップ | 銀行のATM、客が操作するのに... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。