一燈照隅

日本が好きな日本人です

伝統を壊すのは簡単。

2005年11月22日 | 皇室典範
伝統を壊すのは簡単です。しかし伝統を守っていくことは大変な努力と叡知が要ります。
例えば京都の三代祭りの一つ「祇園祭」は八百六十九年から始まって、途中応仁の乱で一時途絶えたとはいえ千年以上も続いています。

皇室も日本の伝統であり、その伝統を守って次代へつなげていくのが今を生きる人間の責任でもあると思います。その為に行われるべきなのが有識者会議ではないでしょうか。

皇室の伝統である男系男子の継承をどのようにしたら守ることが出来るか、そのためにはどのようにしなければならないのか、そうすれば他への影響はどうなのか、その事にまず叡知を傾けなければならないはずです。

今回の有識者会議の答申は最初からそのようなことを考えることをしていません。伝統を破壊しようとしています。これでは有識者ではありません。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇位継承は長子優先だと | トップ | 「新嘗祭」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。