長岡市議会議員 関みちお の まちづくり派ブログ

笑顔あふれる長岡にするために・・・

私に出来ることは! 私たちに出来る事は・・・

5月になりました

2017年05月03日 21時08分43秒 | Weblog
守門岳のてっぺん付近は、まだ残雪が見えますが三島地域の西山丘陵は新緑が鮮やかな色を見せています。

田んぼ仕事も始り苗の植わったところもあります。

議会の方は今年度の委員会の割り振りや三役などの人事案件を巡り各会派代表者会議が開かれておりますが、なかなか一致がみられず5月臨時会に間に合うのでしょうか?

と他人事みたいな表現になりm(__)m



先月末で地域行事や総会などに招かれたのも一段落つきました。

このゴールデンウィークの休みは、のんびり!?とはいかず18年目を迎えた田んぼの畦の草刈りなどホントの汗流すことをしています。







ところで地域行事に招かれ感じたことがあります。

あるお祭りでは準備する人が高齢者だけになり、準備に苦労するだけでなくお参りする人も減り、行事の存続自体が問題になりつつあります。

連綿と続いてきた歴史や文化の継続方法を考えていかねばならない時期にきています。

一方世代交代が順調に進みパワーアップした団体もありました。

始まった時は年配の方が多く、続いていくか?心配もしましたが、こどもたちやその親の方が加わり力強く進化しているのを感じました。

こうした状況から感じたのは、上手く外部の血(知)を取り込んでいかないと少子高齢化で人口減少が進む中では生き残っていけないのではないか?と思った次第です。

言い換えれば地域創生は自分たちの未来図をいかに描き、新しいものを取り込み進化していくかではないか!と思いました。

様々な会に招かれいろんな方とお話させていただき、自分たちの危機感をバネに、いかに変化したなかで大切なことを残していけるか?

だとみんなが考え始めていることに気付かされました。

議員になりやっと10年経ちましたが、ようやく「おい!関さん、ちと話聞いてくれ」と気楽に声を掛けていただけるようになり、嬉しい限りですが、聞いただけ!で終わらず一緒に汗かき未来に向かって行きたいと思います。



先月末に栃尾地域で外山脩三氏の顕彰会の設立総会に参加させていただきました。

市長も見えられ「峠」の話を引用され熱く語ってられました。

未来を描くために!いままでの歴史、人々の想い、いろんなものを解った上でミックスし新たなものを築く=イノベーション・・・なのかな?

と考えさせられました。



最後に三島地域の子育ての駅もりもりの隣に地域の宝の磨きあげ事業の一環で建てたビニールハウスがあります。



今ようやく苺の実がとれ始めました。

もりもりに遊びに来た親子連れの方々が摘み取り食べて喜んでられます。

子育ての駅だけでなく地域と結びつくことで、子育ての駅が進化=イノベーションしている1つと思います。

新しい魅力を持つもりもりに遊びに来てください。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早いもので4月も終わりとな... | トップ | 議会運営委員会が開かれました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事