ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

引っ越しの弊害2

2017-07-23 20:13:21 | ゴミ屋被害

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



うちが家を買ったときはまだ不景気で、神戸近辺でも中国人犯罪集団によるサムターン回しや

宅配便を装った犯罪などが起きており(実際に当方のクライアントがその被害に遭い、宅配便を装ってドアを開けた際に足を踏み入れた強盗が主婦を縛り、殴りつけた上で金を奪うという事件がありました。
また例のごとく、兵庫県警はゴミなので、当方周辺の家は比較的富裕層が多く至るところに防犯カメラが設置されているにもかかわらず、

アホな高卒のカスども(当方の前の弁護士いわく)が周辺への聴き込みや面通しなどを行っておらず、いまだに未解決でその被害者の方はかなり怒っておられました)


そうしたことがあったため、防犯目的とこどもの情操教育のためこのコを飼うこととなりました




柴犬は非常にかしこい犬で、家に訪問(侵入者)が来ると、必ずその場所で静かに待ち構えており、彼がいるからわたしも安心して家をあけることができ、




彼にはほんとに世話になりました



ゴミ屋が横に来たからといって、都合が悪くなってこのコを捨てることができず



ゴミ屋被害による引っ越しの弊害として



このコがが住める家を探すのにかなり難渋しました



家がきしむ中、何も知らないこどもたちを寝せておくのも非常に苦しく、2、3時間ほどしか眠れない日々が続きました






かねてより、わたしは健康優良児で、血圧があがることなどありませんでしたが、

うちの上の
クズ便の被害者の方同様、ただ住んでいただけなのに家を壊され、事実を捻じ曲げて、司法の穴を悪用してテクニカルにのらりくらりかわしまくる異常なクズどもの姿勢に





当方も体を壊してしまいました





なんとかこどもが希望していた学校に受かり(崩れそうになっている家での受験勉強のストレスも大変なものでした)、’校区’のしばりをはずれることができたのを機に

たまたまこのコも住めそうな物件がみつかり、



避難しました





当方がこのコの細かな皮屑(フケ)に対してアレルギーを起こしてしまい、

どうしても室内飼いがむずかしいため、’外飼い可’でそこそここのコが自由に振る舞える物件がこどもたちの通学に支障のない範囲でなかなかなかったのです



しかし、やっとみつけた物件でしたが、最近気温が上昇し、あるとき家に帰った際に

庭に日陰がなくなり、まだ比較的冷たさの残る庭の北側の地面にこのコが穴を掘り、「ハーハー」いいながら苦しそうに横たわっている姿をみつけました




クーが寝ているところは撮れませんでしたが、クーが地下の冷をとるために掘って寝ていた穴↑


以前の家はガレージやそこら辺に木陰ができ、このコは適当に冷たいところを探して寝ていましたが、





いまの家には前の家のような木かげがなく、逃げ場がありません><


やむを得ず、気温が上昇する頃にせまい玄関に放りこむことにしました





これでこのコの皮屑の室内への侵入は防げませんが、仕方ありません><




異常なクズ企業ゴミ屋が横に来たせいでさんざんです





みなさんも子育て中の親の心理をも悪用する異常な便後紙と組んだクズ企業ミサワにはこの話をどんどん広めてご注意ください








家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芦屋花火大会 | トップ | また・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゴミ屋被害」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。