ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

ゴミ屋マニュアル(報道圧力編)

2016-11-02 21:02:46 | 気ままな偏向報道
口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



ゴミ屋はひとの家をコスト本位でわざと壊します





その後はこういうことばかり繰り返している異常なクズ便を前面に出し、




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





事実を捻じ曲げまくって



被害家族の家が崩れる細工をつくって放置します




ひとの家をわざと壊して


さらに崩れる仕掛けを造って、被害者自身に片付けさせるのです



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






まあ、異常なクズどもです





一流企業を気取っていますが、


警察もコケにして



欺き、





検察でさえ、バカにしてだまします




こういう悪質な企業はやはりマスコミに触らせるに限ります



わたしはまず読売の記者に現地をみせましたが、




そのときはまだ家屋には変状をきたしていませんでした





しかし、そのゴミ売りの記者がいうには

「クズ家屋の件について扱うと『訴えるぞ!』といって脅されるというのです



そんなの無視して小保方さんとか野々村議員ばりにいけばいいのに・・
(力の弱い個人はなんでもありだけど、異常なクズ業者は認識しながらノータッチか?)



朝日は安倍がゴチャゴチャ圧力をかけていたころで「上が止めてくる」とかでダメ






毎日だけは
2度ほど現場を撮影しにきて


その2回で家屋の変状が進行しているのを撮影して帰りましたが、


1度目はクズ家屋のイカサマ便後紙がケチをつけてきたとかで放送予定当日にいきなり放送延期






今度はゴミ屋にケチをつけられないよう客観性を持たせるためにわたしではなく、自分たちで連れてきた建築士さんに現場をみせて


その建築士さん自身がクズ家屋のカス便どもと数十件もやりあっている話をしていましたが、



どういうわけか実際に報道されたものは


事実とはまったくかけ離れた内容でした





最初毎日は一度つぶれた左前企業のことは気にかけていなかったので
(だからこそ、取材に来ている





もっと上の方で止めたやつらがいます



そう


毎日がコワイのは大量の顧客を死のリスクにさらし続けて抜いた金でばら撒かれるトヨタの広告力です



Safety Drive TOYOTA
です




自分たち本位でコストを抜くためにひとの家をわざと壊す



警察、検察相手でもでたらめを並べ立て、


証拠を捏造してまで事実を歪曲する


マヌケな刑事たちをダマしてかわしたあとは



今度は被害者の家が崩れる細工をしてわざと放置する





かぎつけたマスごみは親のトヨタの広告力を使ってつぶす




その原資


大量に何も知らない消費者にコスト抜きまくりで売りつけたものからでています






これ以上の連中はいないというような悪質なゴミ
家を建てているわけです



みなさんも被害に遭わないように


この話をどんどん広めましょう





うちはこんなくだらないゴミどもに


家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴミ屋マニュアル(事実歪曲編) | トップ | 詐欺師の味方:裁判所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

気ままな偏向報道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。