ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

ゴミどもの故意

2016-10-12 20:18:44 | 人命軽視企業
口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




ゴミどもの手法は


それを売りつけるとペローンする

というのを認識しながら


わざと売りつけ、



それに気づいた客にもわざと売りつけます



そういうクズ企業について同じようなことを繰り返している便後紙をつけて逃げられないように契約書を練り、約款で縛って意図的にそういうことを仕掛けているからです





バカはほんとワンパターンでしつっこいな・・・





http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/







そこには’コスト最優先’


人命も健康被害もへったくれもありません







そういうの知っていると、この症例もまた違ってみえてくると思います ^^


http://www.asyura2.com/0304/health4/msg/281.html
入居当初から、鼻にツンとするにおいがしていたが、新築のにおいだと思っていた。

 しかし、5月末から気温が上昇するにつれ、家の中の刺激臭が強くなり、雨の日以
外は窓を開けっ放しにしていた。さらに気温が上がると、3階の子ども部屋の刺激臭
がとくに強くなった。入居当初から家族全員に表われた目、鼻、喉の痛みや頭痛、吐
き気などの症状がひどくなり、3人の子どもたちは頻繁に鼻血を出し、洗面器で受け
るほどだった。



そいつらがどういうゴミか知っていたら


こういう映像
も撮れます ^^



バカな隣のカモは知りませんけどね




コスト抜きまくりの質の低い粗悪建材から漏れ出る化学物質で


一旦化学物質過敏症を起こしたこども
(↑クズ家屋の実際にの被害者だそうです)


その後の生涯ずっと香水やヘアスプレーなどの化学物質に少し触れただけでもがき苦しみます



いまの小林まおのように
(まあ、彼女の場合は早晩死にますが・・・)



知らない間に毒を吸わされるというのは





そういうことです



吸わされる物質によって






がんであったり、化学物質過敏症であったり
(がんの場合は小林まおのようにもがき苦しみながら死にますし、化学物質過敏症の場合はクズ家屋の被害者のようにその後の人生ずっともがき苦しみます)

しかし、その原因は


質の低いクズどもです



そして、ゴミどもの逃げ方は決まっています


ひとの信用を利用して売りつけておいて


「もともと入江さん一家に化学物質過敏症である可能性がある」



そういっておけば


被害者はそれを立証しなければならなくなる




クズどもの


’専業の知恵’
を用いたきわめて故意性の高い悪質な故意です






http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






検事がバカだと逃がしますけどね 



今回「バカははずせ」と告訴調書の中に書いておきました



みなさんも被害に遭わないよう


ゴミどもの手法を広めておいてください




最後におもしろいことを公表いたします ^^









家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです




みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴミどもの手口 | トップ | 抗告審クズ家屋反論4(バカは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。