ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

我が家の損害5

2017-05-16 21:11:43 | 異常なクズ家屋

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




ゴミ屋は警察の制止を振り切り、

六甲の南向き斜面に立つうちの家の石垣の南東、南西部分を破壊したのみならず





よう壁の基礎部分を何度も掘削し、石垣の健全性を破壊しました




こうなると、家はまともに建っていられません









当方の家を一から建てなおすと


ゴミ屋の平均的手抜きコスト抜きまくりの粗悪建築物
数軒分のコストがかかります


ゴミ屋のバカなカモが誇らしげにゴミをキャッシュで買ったなどとのたまっていましたが、





当方の周りには会社社長なども住んでいるため


通常一般ルートでは入ってこないような銀行経由のゴミ屋の内部事情なども入ってきます



当方もゴミ屋の平均的粗悪建築物くらいはキャッシュで買えますが、


自分の家は買えません



よほどの金持ちでもないかぎり、どんな資力のひとでも通常はそうだと思います


そのために住宅ローンがあるわけですから




隣のバカ
はただの郵便局長なので、なにも知らずにゴミ屋に手を出してしまったのだと思います




うっとうしいのはゴミ屋が横に来て失った時間です




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





ゴミ屋のクズ便付き企業はこういうことばかり繰り返しているゴミ便と結託してひとの家を壊し、


同じような文言を用いて

当方案件

うちのすぐ上の同じクズ便の被害者の案件



クズ業者がいきなりひとの石垣を壊し、このクズ便がでてきて

「原因不明」、「石垣が崩壊する緊急性について疎明していない」などとやるのが常套手段のようですが


こういうクズどもにつき合う時間がもったいないです




ゴミ屋の平均的粗悪建築物と違って、うちの家はコストも手間もかけて造り込んでいるので


建てなおしにおよそ2年かかるそうです



子育て中の2年といえば、かなり大きな期間です



そんなにかけていられません



とりあえず、住みながら補修できる方法で対応させることになりますが





ゴミどもの常套手段はズルズルと引き延ばして放置し、疲弊させること
です




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






我が家はこどもたちのために少し広めの家を用意しましたが、


ゴミ屋のおかげで家が東に崩れかけているので2階の西の端でしか生活できず








2階の東の端に用意したこどもたちの勉強部屋や少し大き目の勉強机なども、もう4年近く使えていません



上の子は中学3年を、下の子は小学高学年のほとんどこういう庭をみせられたまま無駄に過ごしました





ゴミ屋の社長はこういうことを書きながら子育て中の所帯の生活をわざと破壊するという行為を各地で繰り広げています



そして、そうした事実をマスごみが取りあげようとしても




トヨタの広告力でつぶします






ほんとにクズとしかいえないゴミ企業です





わたしのように県の弁護士会会長やゴミ屋の1級建築士が束になってもかなわないような優秀な建築士




新聞者のデスク




新聞者の論説委員などにコネのあるひとも少ないと思います





そういう諸条件がそろっている人間でも


最後はトヨタの広告力でつぶされます







ほとんどの方がつぶされるのではないでしょうか?



ゴミどもはそういう’裏の力’も使って調子に乗ってひとの家をわざと壊したり、欠陥建築を売りつけています



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/









みなさんも被害に遭わないように


この話をどんどん広めましょう





家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の損害4(愛車との別離) | トップ | 我が家の損害6(精神的苦痛) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。