ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

安倍昭恵夫人と元夫人付秘書を告発 国家公務員法違反疑い

2017-04-20 20:15:36 | 法痴国家ジャパン

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




安倍昭恵夫人と元夫人付秘書を告発 国家公務員法違反疑い
(更新 2017/4/19 13:37)
https://dot.asahi.com/wa/2017041900048.html

 森友学園の問題をめぐり、安倍晋三首相夫人の昭恵氏と夫人付職員だった経済産業省の谷査恵子氏に国家公務員法違反の疑いがあるとして、政治経済誌『日本タイムズ』発行人の川上道大氏は4月18日、検事総長と大阪地検特捜部宛てに告発状を送った。


 告発状では、昭恵氏の夫人付職員だった谷氏は2015年10月~11月、森友学園側から「小学校敷地に関する国有地の売買予約付定期借地契約」について問い合わせを受け、国家公務員でありながら、職務上知り得た秘密を森友学園に漏えいした疑いがあると指摘。昭恵氏は首相夫人という優越的立場から谷氏に対し、秘密漏えいを教唆した疑いがあると主張している。

 川上氏は3月、森友学園が「瑞穂の國記念小學院」の建設をめぐり、補助金を国土交通省に水増し請求したとして、同学園の籠池泰典前理事長を補助金適正化法違反容疑で大阪地検に刑事告発し、受理されている。

 川上氏は今回、昭恵、谷両氏を告発した理由を本誌にこう語った。

「籠池氏を告発したのは、背後にいる大物、黒幕、巨悪を捜査であぶり出し、事件の真相を解明してほしいからです。今の国会では、何も解明されていない。昭恵氏は記者会見もせず、証人喚問にも応じていません。国民はモヤモヤするばかり。籠池氏への告発に加え、近畿財務局職員への告発も受理されています。安倍首相への忖度さえなければ、今回の告発も受理されるはずです」

 検察はこの告発を受理するのか、否か。注目される。



ていうか


これだけ資料やっても挙げれんくらい


いまの警察検察ってゴミだからな・・



だいたい、「いま法律違反の割り方で割っているから、いますぐ来て現場押さえとけ」っていってるのに





クズやくざに「神戸市の通りやっている!」とかウソつかれて




そのまますごすご帰って


そのあとに証拠捏造されて






事実変えられて逃がす
って


ただのアホだろ




検事も検事で


現場に駆け付けた警察官2人を呼んで、直接聴取しろ」っていってたのに、しとらんし


専門家なのに

証拠調べもちゃんとできん


ただのバカとしかいいようがない




いまこの国はおかしな連中(かんちがいえせ愛国クズ右翼とおかしな宗教集団)に乗っ取られているから、どうしようもない


アホな東京痴犬も東電逃がしたし、


自分たちも吸わされている(被害者)という当事者意識がないので





どうしようもない
(ろくな知識がないので、自分たちがとんでもないものを吸わされたという’意識’そのものがない






うまく傷がそろった人間から



小林まおのように死んでいきますが、





自分たちも被害者だという

自覚がないのでどうしようもない










うちはこんなくだらないゴミどもに



家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  福島第1原発事故 原状回復... | トップ | 悪徳便後紙 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。