ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

異常なハウスメーカー

2017-08-09 20:26:21 | ミサワホームの悪質手口

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




異常な便後紙と組んだクズ家屋の手口はまとめるとこうです




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






ハウスメーカーなのに


自分たちのコストを抜くために
わざとひとの家を壊します



普通は隣にこれほど悪質なひどいゴミが来るとは想定していませんので


工事前の状態をとっていません




(そんな人間、日本中探してもいないでしょう)



それで「工事前から不具合があった可能性がある」とやります



アホな裁判官はその’手口’にまんまとハマります




ゴミ屋はそうして抜きまくった金できれいなCMをばら撒きます



そういうものにうっかりダマされると



ゴミ屋の質の低さと悪質さに気づかずに手を出すことになります




契約をとった途端に消費者側に不利な法体系になっていますので



わざと



粗悪品を売りつけます



悪質なのがシックハウスです





それを売りつけると


シックハウスになる
(↑実際のゴミ屋の被害者だそうです)


わざと売りつけている
のがみてとれます


http://www.asyura2.com/0304/health4/msg/281.html
>裁判を検討していたとき、ゴミ屋はこういうことばかり仕掛けている質の低いクズ便と組んで、『日本にはガイドラインにホルムアル
デヒドしかないし、しかも判例がない。健康被害に関しては、国の基準もないから、
そちらが裁判に負ける』と裁判の取り下げを求めてきた。
 また、『パッチテストで反応が出ていても、家を買う前にそのテストを受け、無反
応を証明していないので、もともと入江さん一家に化学物質過敏症である可能性があ
る』と言う。しかし、現実には家を買う前にそんなテストを受ける人などいない。




そういう手法で来るというのがわかっていますから


’工事前の状態’を撮ろうとしますが、


警察を呼んでも阻止されます




警察も高卒のバカしかいないので、(当方の前の弁護士談)



こういうタチの悪い高度な知能犯
(大したことありませんが)相手だといいようにやられます






こいつらの始末に負えないところは


こういうことをしているクズだということを明るみに出されてもしつこく続けるくらい頭が悪いということです




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





そう、この国の制度に合わせてひとの家を壊し、顧客家族に健康被害が生じる粗悪建材をわざと売りつけているクズ





それがゴミ屋
なのです






こいつらの最悪なところは


非合法な手を使って裏から手を回し、






警察自治体




マスごみさえも事実を捻じ曲げさせてダマらせるということ







そういうことができるのはどういう連中か





徐々に出していきましょう



ゴミ屋の異常性は石綿の害を認識しながら




作業員社員に吸わせること





今回ゴミ屋は裏から手を回して自治体に記録を消させたので



このバカなミサワの下請けのクズちょんどもは


将来石綿悪性中皮腫や肺がんを発症しても


労災認定されません




これは福島の使い捨て作業員たちと同じ構造です







家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 必ず損をする | トップ | 空積み式石垣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。