ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

工事差し止めの仮処分について(大阪高裁抗告審判決)4 判決文3 当裁判所の判断2

2017-06-17 20:27:20 | 安倍周辺のクズ右翼、やくざ企業

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします








えらくまたクズ業者寄りですね


そんな石垣の近接部分を掘ってガラがたくさん出るのかいな


それに、ゴミ屋はなにもかもケチって工事前に試掘も行っていないようだけど、


普通は「石垣の根を探せ」というくらいだから、試掘をしてしかるべきだし、仮にガラがあったとしたら、

そんなに強引に掘る必要があったのか?





でた・・・


またクズやくざ寄り裁判所


「従前存在していた建物の基礎」ってなんやねん・・^^メ


こんな石垣の近接部分の深いところ
に従前の建物の基礎があったっていうのか?




それこそただの非合理的な推測だろ


それに、施主は奥さんの母親からこの土地を相続してるが、


そこにそんな古い建物はないはずだろ


この古い建物はこの土地の造成時に建てられたものだろ





つまり、「従前存在していた建物」などというものはない


仮にあっても、そのころの木造住宅の基礎でこんな石垣の近接部分

建物自体の基礎があるはずがない




アホか、こいつら


>「1mは離れている」


「石垣に当たってるぞ!」と注意して「考えなあかんいうことやね」
といってズラしただろ


それに、氷山といっしょで石垣は’みえる’表層部分以下は地下で斜めになってるだろ






なんで、こんなに石綿わざとばら撒いて証拠偽装するようなクズ業者寄りなんだ








こいつらバカか?




当方の弁護士に


「どうして裁判所ってこんなにクズ業者寄りなんですか?」って聞いたら

以前は金を払う施主の方が強く、業者が泣かされていたため
いまは裁判所は’業者寄り’の姿勢を取るということ

こういうことで工事を止めてしまうと、企業活動に支障が出るので、基本的に大企業保護の姿勢

がベースにあるそうです



そういう裁判所の姿勢を悪用して

クズ業者はわざと欠陥建築を施主に売りつけ


調子に乗っているんですね




しかし、わたしは施主でもなんでもなく、自分でゴミ屋という異常なクズ業者を選んだわけでもありません



ただ静かに住んでいただけです





裁判所の姿勢とか、クズ業者保護なんてどうでもいい話です



福島の汚染民もそうした国の姿勢のもと


クズ業者寄りにないがしろにされているということに気づいているでしょうか?



その物質群を吸わされた人間は






うまく’ヒット’すると、小林まおのようにむごたらしく死んでいきます




これも裁判所のクズ業者保護の姿勢で’なかったこと’にされていますが







もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工事差し止めの仮処分につい... | トップ | バカの相手を延々とさせられる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。