ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

九州豪雨 校舎が崩落寸前...泥に沈む街

2017-07-06 20:18:11 | 安倍周辺のクズ右翼、やくざ企業

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




九州豪雨 校舎が崩落寸前...泥に沈む街
07/06 17:38
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00363493.html

九州北部を襲った集中豪雨、その激しい爪痕がわかってきた。今回の豪雨により、本来は避難先として利用される学校にも、大きな被害が出ている。
福岡・朝倉市南西部に位置する比良松中学校。
校舎は、6日は臨時休校となっていて、また避難所としても開設されていないということで、人の姿は確認できない。
校舎の手前にある、技術室とみられる場所は、その土台部分がえぐり取られるようにして流されている。
そして、宙に浮いてしまった状態が続いていて、なんとかもっているという状況。
右手には体育館があるが、その土台部分もむき出しになっていて、依然として危険な状態といえる。
こういった被害をもたらしたのが、現在も茶色くにごっている桂川。
下流に目を向けると、橋の左側が全くない状況。
車が1車線通れるほどの道路があったということだが、その道路もろともなくなっている。
道路に沿って、桜並木もあったというが、現在は根の一部が残っているだけで、川の水の勢いが計り知れないことがわかる。
まだまだ川の水位を見た限り、それほど大きな変化はないようで予断を許さない状況が続いている。




うちも杭を打っていないので、こうなる↑可能性大です



とても他人ごとではありませんね


これだけの雨が降っても、我が家は存立しているのをみるとおわかりの通り


ゴミ屋が横に来るまでは


我が家はまったく問題ありませんでした


バカが何も考えずに「石垣を補強するためにこの工事が必要」なんていって


石垣の基礎に穴をあけて





そのときはまだ小さなひび割れだったのに





オーガで掘削したら、水が噴き出たとかで

水を止めるために薬注した」
とか










そのおかげで傷が拡大











バカは土木を知らないくせに家を建てている



なので、こうなる



ほんと

基本を知らないゴミは家を建てるのをやめてほしい



土木を知らないのみならず


補償をケチるためにひとの家が崩れるよう細工してわざと放置するというこれ以上ないクズどもが家を建てている







家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党・逢沢一郎議員の親族... | トップ | 工事差し止めの仮処分につい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安倍周辺のクズ右翼、やくざ企業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。