ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

抗告審クズ家屋反論6(H鋼に関して)

2016-10-17 21:04:58 | クズどものクズっぷり
口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします









バカは延々と屁理屈コネるな・・


ここではじめて出てきましたが、


クズ家屋は「孔間壁崩壊する恐れがある」ということを認識していたようですね




知人が「あれ、孔間崩壊してるよ。十分な間があいていない。」といっており、





うちの近所に住むあるゼネコンOBの技術士の方も


「ずっとみてたけど、おかしな工事してるな・・と思ってた。

普通ミルクセメント注入しながらH鋼とH鋼の間の孔間壁が崩落しないようにやるんだけど、

あれって間隔がメチャクチャじゃない? 

なんか埋め戻しも、安いのか、土じゃなくてよくわからないもので埋め戻してたし」といっておられましたが、


クズ家屋は(十分に時間を与えたので)ここではじめて(孔間壁崩壊しないように)

ミルクセメントなどを注入し、孔壁補強を行った」というのです



なるほど・・・ただ掘っただけじゃなくて


孔間壁崩壊するということを認識していたのか・・・





それにしても、当初の予定と違って




メチャクチャな入れ方ですね






クズ家屋はとにかくコストを抜くことしか考えていません


自分たちの施主の隣の人間に迷惑かけようが、


施主を待たせようが、



とにかくコストを抜くというのが


クズ家屋流のようです



そして、ひとの家を壊してまでメチャクチャしてコストを抜いたあとは



これまた補償よりはるかに安い質の低いクズ便を使って放置


徹底的にでたらめを並べて逃げ続ける



という手法



いろんな専門家に現場をみせましたが、


この状態をみて





あーあー・・普通は石垣の根元は極力避けるのに


クズ家屋なにも知らない、とんでもないバカだねえ・・・



とあきれていました



「地下に障害物がある」
というのを認識しながら


何度もドリルを突き刺していましたので



こんなにでたらめに




ミルクセメント入れたり、鉄板入れたり


薬液を注入すれば、






そりゃ完全に遮水してしまうわけです



ほんとバカですね


こいつら




南側をミルクセメントや薬液注入で遮水して固めてしまえば





あとはうちのよう壁内にたまった大量の水が石垣を東に押すしかないわけです












しかも、ゴミどもの手法は


わざとそういうことをして崩落させて


被害者に片付けさせる
という


非常に悪質なことを転々としながら仕掛けています






ほんとゴミども・・延々と続けるな・・





http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/











地下でメチャクチャしておいて、ことの詳細を知らせず、あとで「事実誤認がある!」というために

わざわざそういうことをしている




しかも、そういうことをしているというのをみなさんにみせられているというのを認識しながら






しつこく続けてくるほどアタマが悪い
ので、どうしようもないわけです








これ以上の連中はいないというような悪質なゴミ
家を建てているわけです



うちはこんなくだらないゴミどもに


家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸のゴミやくざの手口 | トップ | 抗告審クズ家屋反論7(保全の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。