ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

我が家の損害6(精神的苦痛)

2017-05-17 20:36:33 | 異常なクズ家屋

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします




当方は神戸のクズ役人がやくざ企業と共謀して


違法な石綿破砕や善良な地域住民の家をわざと壊す行為を幇助していることを知っていました






なので、もともとは石綿とクズ役人対策でわざわざビデオを新設してかまえていました





丁寧に解体すると、若干工期が延びるので人件費など少しお金がかかりますが、

神戸のやくざはそうしたわずかなコストを抜くため、あるいは自分たちが取得した土地の形を整えるために

’間接振動に対するまともな法律はない’というのを利用して、ムチャクチャな解体をし、


地域住民の家を破壊します





そこで協力的なのが神戸のクズ役人どもです




当方はそういう事実を知っていたため

今回すべてを録音しビデオにもおさめておいたのですが、





ミサワは神戸のやくざよりもっと悪質でした



最初にうちのすぐ上の家のクズ業者の被害者と話したとき







相手は同じ便後紙で



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





同様に壊した両サイドの’下側’だけをすぐ補償したというのを聞いたとき




どうしてかな・・?


と思いました



当方の最初の弁護士などにいろいろ聞いてみると


傾斜地ではなにかあると’上側’の家が責任を取るという法律があるらしく


それを悪用しているんだろう


コスト本位でひとの家をわざと壊し、


さらに崩れる細工をして放置し、崩れた際に被害者に責任を取らせる





当方の知人の紹介で、あるゼネコンの方に補修見積もりを出してもらうために現地をみてもらったときに


「あそこにこの家が崩れる細工がしてあるね」といわれて話が通りました





ゴミ屋のずさんな工事で当方の石垣が南東方向にズレ、







石垣にできた隙間から砂が漏れましたが





わざと南東にズレた石垣の南側だけをブロックすることによって





当方の家を東側に崩す細工がしてあるというのです


うちの東の通りは通学路であると認識しながら


そんなバカな人間がいるのか!?



はじめはそう思いましたが、


ゴミ屋のイカサマ便後紙の振る舞い
をみていると







それが本当のことであるということがわかりました




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





実際によそでもまったく同じことを仕掛けています



ひとが死んでもわずかなコストを抜く


司法の世界の非常識を悪用し、


ひとの家をわざと壊させ、「故意じゃない」、「崩れるとは思わなかった」といわせる



そうして刑事訴追を免れる


それがゴミ屋の現場責任者のいう「ぼくらの常識」だったのです




ゴミ屋とクズ便の思惑通り


当方の家は放置に伴い大量の砂が漏れ、


しだいに家が傾いていきました







これもすでに上の方の裁判で指摘されているように


普通の建築の専門家ならだれでも知っている基本だったのです




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/




そういうことを認識しながら、延々と事実を捻じ曲げ

うちの家族の命や隣の通りのひとたちの命のことなどおかまいなしに屁理屈をコネ回してくる



そういう異常な便後紙が質の低いクズ業者とくっついてこうしたことを仕掛けている




家の傾きとともに





我が家の廊下なども次第に折れてフローリングが浮いてきました





うちは広めの家なので、少し幅広の長い廊下があり、

まだ小さかったこどもたちと入浴前にビーチボールを使ってサッカーをするのが日課でしたが、





しっかり造ってあるので

大人のわたしが何度走り回っても、これまで一度も床が鳴るといったことはありませんでした


それが、今回ゴミ屋のずさんな工事のおかげで家が傾き、



まるでゴミ屋の手抜きコスト抜きまくりの平均的新築のデフォルト状態のようになってしまったのです



わたしは阪神淡路大震災を経験しており、たくさんの家につぶされたひとをみていますので


家が鳴くたびに当時のことが思い出されて、フラッシュバックで恐怖を感じます



ゴミ屋のおかげで家が東に崩されそうということもあり、

2階の西の端の10畳の部屋にみんなでいっしょに寝ていましたが、


まだ小学生だったこどもの寝顔をみていると胸が締め付けられそうになりました


大切にしていた庭にコスト本位で石綿を撒かれて台無しにされたくやしさや絶望感に加え、







さらに法と建築の知識を用いて

被害家族の家が崩れるよう仕向けて放置
し、

被害家族に崩れた家を片付けさせ、何か起きた際には責任を取らせようという、これ以上ないくらいに悪質なゴミ屋とこういうことを方々で繰り返しているイカサマ便後紙の異常な悪質さに



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






腹が立って、腹が立って、めまいと耳鳴りが生じました


当方の耳は大事な商売道具ですが、


こういう非常に悪質なこれ以上ないというくらいの故意性の高い悪質な故意であるにもかかわらず


この件に関する裁判所が認める慰謝料は







取れて300万、普通は100万くらいだろうと当方の弁護士にいわれました



わたしは月に100万以上稼ぐので、そんな金もらっても何の意味もありません


当方の普段の稼ぎと労力からすれば、1億もらっても時間を失っただけ損というくらいの苦痛を

質の低いゴミ屋が横に来たせいで強いられました




ちょうどこどもの受験と重なり、家が崩れかけている恐怖や本来広々とこどもたちに使ってもらうために用意したスペースや勉強机が使えない苦痛

上の子も勉強の大変な学校に通っているので家族一同大変な苦悩を強いられました



ゴミどもが横に来て失った時間や大切なものを返してほしいです



ゴミ屋はこういうことばかり手がけている異常な便後紙と意図的にこうしたことを繰り広げてトヨタの広告力を使って

こうした話をもみ消している
ので







みなさんも被害に遭わないように


この話をどんどん広めて、被害を防ぎましょう





家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の損害5 | トップ |  早期の開学要求、文科省幹部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。