ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

ゴミ屋マニュアル(石垣破壊編)

2017-11-12 20:58:27 | 悪徳便後紙

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



ゴミ屋というより


共通因子は便後紙です




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





こいつがついているクズ企業は


自分たちのコストのことしか考えず


ひとの家を平気で壊します










上の方は石垣を壊される前の日まで普通にあいさつして


横を通りすぎる際などは会釈などしていたのに(ある2つの大学の名誉教授を務めるご主人と同じく教職の奥様の上品なインテリ夫婦)



ある日いきなりアンカーボルトを打ち込まれ、それを支えにして工事に使われ




崩れるべくして石垣が崩れたそうです





わたしの場合は神戸のやくざが運営する企業でこういうことをするというのを知っていたので、ビデオを構え、警察をあらかじめ呼んでおきました







そういうのがなければ、このクズの手法だと無条件に逃げられるというのはおわかりでしょうか?



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





ところが、呼んだ警察官がこれまたとんでもないゴミで





その場で捕まえずに逃がしてしまいます



そうすると、悪徳便後紙がクズどもに入れ知恵します





http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





刑事における器物損壊の構成要件である

故意性

予見可能性など


「故意ではなかった」、「予見できなかった」といえといって


バカな刑事をかわすわけです



関東以北の東日本を発がん物質で汚染した東電幹部を逃がしたあれ
です





「予見できなかった」といってのちに津波による事故の可能性について言及する文書がでてきました


検事といっても司法試験に受かっただけの文系のバカなので(司法試験に受からなくてもなれるルートもあるらしい)、それもムリもないでしょう



石綿をばら撒かれた件でも「作業員が勝手にやったこと」といってバカな検事をダマして逃げますが


のちに近隣対応計画書の存在がわかります





近隣対応計画書を作っておきながら


石綿の害を認識しつつ、周囲にまったく周知せず作業員たちにもろくな知識がないと認識しながら法律上のポイントを押さえた写真のみ撮っておいてわざとばら撒く







普通はしませんが、残念ながら日本の警察は他に仕事もなく体よく公務員になれるからという理由でなる高卒のゴミ(当方の前の弁護士いわく)がほとんどなので





警察官の後ろから






「刑事告訴するから、いま捕まえろ!^^メ」といってビデオを撮りましょう



残念ながら、そこまでしないと高卒のゴミはそのまま帰して


一旦帰すと、金のためなら何でもやるクズが作話しまくります



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






それがこういうことばかり繰り返している異常なクズ便がついているクズ企業の実態です



ここまで用意していても検察は

その当時だれがいたんだとか


呼んだ警察官はなんという名前だなどと聞いてきます


普通は110番などもいまは記録に残されています



そういうことは調べればわかることですが、あなたに根掘り葉掘り聞いてきます



通常、警察官は自分の名前を名乗ったり、名刺を渡してきたりしませんので


当方のようにビデオや写真を残していないと







高卒のクズどもは記録に残していないと


同僚の失敗をもみ消したりするからです



みなさんは当方のことをやりすぎと思うかもしれませんが、


実はここまでしないと、こういうゴミどもは事実そのものを作話して歪曲してくるので




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/








全記録を残すことが必要なのです





このゴミがついている企業はひとの家をわざと壊し、この国のシステムそのものに合わせて作話してきます




http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/





みなさんも被害に遭わないようにこの話をどんどん広めましょう



ゴミはこの話をかぎつけたマスごみも「この話を取り扱ったら、訴えるぞ!」といって脅し、



どうしようもない場合親会社の広告力やその他使えるものはなんでも使ってもみ消して、方々で繰り返しているからです





家を建てるハウスメーカーがこういうことばかり繰り返している異常な便後紙と組んでひとの家をわざと壊している



普通はスクープです





自称社会派のマスごみの報道でさえ捻じ曲げさせる





まともなことをやっていないというのはおわかりでしょう






神戸のやくざの手口を知っていると、こいつらの手口がよくわかります









こいつらはタチの悪い便後紙をつけて


わざとこういうことを仕掛け、繰り返しています



ゴミどもはそれを売りつけると、シックハウスになると認識しながら
顧客の家族をシックハウスにし苦しめるのに飽き足らず
(↑ゴミ屋の実際の被害者のこどもだそうです)


自分たちのコスト本位に石綿をばら撒き、


ひとの家をわざと崩すのです




みなさんも隣のクズが横にゴミ屋を連れてきて被害に遭わないよう


日本中のひとが知るくらい




この話をどんどん広めましょう









家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう4年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





コメント
この記事をはてなブックマークに追加