河野美砂子の「モーツァルト練習日記」+短歌+京都の日々の暮らし

9/30(土)13時半【生演奏でバッハを③】「フランス組曲」3番、6番。NHK文化センター京都教室(大丸より徒歩5分)

ソコロフ

2017-05-29 02:59:23 | シューベルト
BS真夜中の、グレゴリー・ソコロフ ピアノリサイタルを途中から見た。
(原稿まだ仕上がってないけど、ちょっと疲れてTV onしてしまった・・・)

シューベルト a-mollソナタD.784。

音楽的に本当にすばらしい。
ほんとにほんとにびっくりした。

ロシア系のピアニストって、
ものすごい巨人みたいな、弾きまくり、みたいなイメージがあって
(もちろんリヒテルなど例外多数ですが)、
でもソコロフは、しんそこ音楽的。

ただ、なんというかやっぱり、現代ピアノスタインウェイのフルコンで
大会場で演奏すると、やっぱり、
このような、すべてがデフォルメされた演奏になるのやなあ。。。

この楽器で、この会場で演奏するには、これしかないのでしょうねえ。。。

でもたぶん、シューベルトの音楽って、
こんなおおぶりな、大げさな音楽ではけっしてない、って
確信をもって思います。

21世紀に生きる、わたしたちがシューベルトを弾く矛盾。

あ、いま「楽興の時」が始まった!
こんど6月10日に、NHK文化センター京都教室で弾きます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンマ―ムジーク@アルティ第3... | トップ | 生演奏でシューベルトを② »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シューベルト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL