能力を伸ばすヒント

能力を伸ばすヒントを、あちこちから拾い集めてみます。基本的に子供基準で。

「支配者」 と 「指導者」

2017年03月15日 | しつけ

子供がわからなくて困っている時は、わかるように大人が教えてあげる必要があります。
それをしないで、「どうしてわからないの!」 と責めたりして 「精神的プレッシャー」 を掛けるだけだと、
子供がおかしくなってしまいます。
子供が理解できるように、噛み砕いて教えないといけませんね。


以下は、掲示板からの拾い物です。

勉強や生活習慣を躾ける時、親の接し方は大きく2つに分けることができます。
一つは 「まだそんな事もできないの!」 「他の子はもうできるぞ」 といった接し方。
もう一つは 「こうしてごらん」 「そういう時は、こうするんだよ」 という接し方。
前者を 「支配者」、後者を 「指導者」 と分けます。

今までこういう風に考えた事なかったから、自分が 「支配者」 タイプと思った時、正直淋しく思えた。
「そのくらい出来ないでどうするの!」 「お兄ちゃんなんだから!」 って簡単に口にする自分。
いろんな事が出来る様になって、あれもこれもって押し付けてたかも。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルロス・ゴーン 「好きな... | トップ | 子供をダメにする親 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

しつけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。