moyaの50歩100歩

変わり映えのしない日常に、少しだけ彩りを。気ままな写真日記です。

田植えの頃

2017-05-05 23:45:48 | 風景

水田のある風景は美しいなぁと、改めて感じます。
自然とともにある丁寧な暮らしが、見えるようで・・。
働く人も画面の隅に撮したかったけれど、
残念ながら田植えが終わったあとでした。

田んぼに入って餌探しのダイサギは、目元が青緑色。
婚姻色だそうで、私は初めて見ました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コゲラとイソヒヨ | トップ | ヤマガラに出会えた♪ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の原風景です (紀州のカモシカ)
2017-05-06 06:58:13
この間まで寒い寒いと言っていましたが、早い所では田植えが終わってしまって春が終わりそうですね。紀伊半島の中央高所ではまだ雪が残っていたのに。
紀州のカモシカさん (moya)
2017-05-06 16:15:07
そうですね、同じ紀伊半島といっても、海岸部と中央の山々ではずいぶん季節感の違いが。
カモシカさんはいつも、その両方を楽しまれているというわけですね♪
もうお田植えが (momocya)
2017-05-06 19:22:59
moyaさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。
早いですね。もうお田植えが済みましたか。
こちらは今月末から6月初めの頃です。
まだ田んぼには水も入っていません。鷺たちも現れません。騒いでいるのはケリだけです。最近は揚げ雲雀の声も聞こえなくなりました。
ほんとうに (桜餅田楽)
2017-05-07 14:42:01
田んぼのある風景はいいですね。
自然とともにある丁寧な暮らし・・というmoyaさんのコメントも素敵。
ダイサギの青緑色、きれいに見えていますね。
うちの裏の水田もまだ水は入っていなくて、起こされた地面にスズメやカワラヒワ、ケリたちが来ているようです。
momocyaさん (moya)
2017-05-07 22:39:09
こちらこそ、いつもコメントありがとうございます。
そうですか、momocyaさん地方はまだしばらく先のこと。
水のない田んぼには、鳥たちは少ないのですね。
こちらは毎年連休あたりに一斉に田植えが行われます。
秋になると台風に見舞われることが多いため、
収穫も早い目に、ということでしょうね。
桜餅田楽さん (moya)
2017-05-07 22:45:55
ありがとうございます(*^_^*)
過疎地といわれるところでも、季節ごとに作付けが行われ、手入れが行き届いている風景を見るのは嬉しいものです。
田楽さんの裏庭(笑)は、水が入っていなくても野鳥たちが来てくれるのですね♪
いいな~♪
言い忘れてましたが (桜餅田楽)
2017-05-07 23:17:23
水田の向こう側の山の表情もいいですね。薄黄色っぽく見える、ぽこぽこっとしてカリフラワーのようなのは、何か木の花が咲いてるんでしょうか。それとも新葉でしょうか。

こちらの水なし田んぼでは、トリさんたちは上手に保護色していて、飛び立つとき以外はなかなか姿を見つけることはむつかしいのですが、鳴き声で存在がバレます^^
桜餅田楽さん (moya)
2017-05-08 21:55:24
はい、薄黄色のポコポコはスダジイ(椎の木)の花です。
こちらでは代表的な雑木。
この花が山に盛り上がってくると、春本番だなと感じます。

そうなんですか、トリさんたちは目立ちにくいのですね。
でも、声は保護声にならない・・(^O^)
田楽さんの耳は欺けない(?)ってことですね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL