セレスチャル・アート&ヒーリング Sophia

本当の自分に繋がる、戻っていくために、チャネリングで下ろした高次元の図形達。
天界のアートです。

新・カイヴァリヤ(神との合一)(2016年)

2016-11-07 14:27:06 | カイヴァリヤ
新しいカイヴァリヤを描きました。
1枚で、以前描いた13枚の絵の要素がすべて入った絵か、それ以上の絵になったと思っています。

表面の下に重なった図形等の層数は、336層です。

このカイヴァリヤを描いている時、3つのイメージが浮かんでいました。

1つ目は、洞窟の出口にどんどん近づいている。出口の外にはまぶしい光がある。
描きあがった時には、出口のぎりぎりの端まで行っていました。
まだ洞窟から出ていないかもしれないけれど、もし出ることができたら、洞窟の中での記憶はすべて忘れてしまうだろうと感じました。

2つ目のイメージは、自分が運転している車から、神の最高性能の自動運転車に乗り換えるものでした。
自動運転車の運転席の位置には、ハイヤーセルフが乗っています。
私が乗るのは助手席。
イメージの中で、自動運転車に乗ったところ、居ても立ってもいられないほど怖くて震え上がりました。
神の自動運転車以上に信頼できる車なんて無いでしょうに、全然信用していませんでした。
完全に任せて、委ねてしまうのが怖い。でも、自分の運転していた車の性能が良くないこともわかるので、古い車に戻るのはもうできない。

カイヴァリヤを描き進むにつれ、自動運転車に乗っても震え上がるほどにはならなくなりました。
そして、絵が完成した時、自動運転車の助手席で、もう抵抗することに疲れて、抵抗する気力がなくなって、「もうどうなっても良いです。行先もスピードもお任せします」って言ってました。(笑)

3つ目のイメージは、豊かさの流れが背中側に来ているけれど、その流れを受け入れることを内側で止めている。流れないように板でせき止めている。
この世界では与えると減る、無くなるというのが普通の信念。でも、奇跡のコースでは、すべては想念だから与えればどんどん増えていくと言われています。それが真実だと。

そして、もう一つ気がついたのは、完全なる成功を受け入れることを怖がっているということ。
これは、神の自動運転車に乗ることにも通じているようでした。

絵が完成したら、自分はただ豊かさの川の流れの中に浸っていればいい。
所有とか、貯めるとかしなくても、無限の豊かさの流れの中に身を置けばいいだけなのかも、そういう気持ちになってきました。

絵が完成して3日間は、まったく頭が働かず、ボーっとしてました。

今まで描いた絵の中でも1番エネルギーが強いと感じました。大きな変容が起きたような気がします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面に描く2 | トップ | 仮面に描く3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カイヴァリヤ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL