ART COMMUNICATION IN SHIMANE みるみるの会の活動報告

島根の美術教育関係者が集まって立ち上げた対話型鑑賞の普及に努める「みるみるの会」の活動情報をお知らせするブログです。

「山﨑修二と山﨑に学んだ女流画家展」のコラボイベント「対話型鑑賞のつどい」のレポート③(2017,7,8開催)です!

2017-07-23 21:33:04 | 対話型鑑賞

 浜田市世界こども美術館で7月9日まで開催されていた「山﨑修二と山﨑に学んだ女流画家展」で行われた鑑賞会のレポートが、会員の房野さんから届きました。


日時:2017.7.8(土)14:00~
場所:浜田世界子ども美術館  展示室
作品:山﨑修二作「竹迫の春」 1938年 F30 油彩  
ナビゲーター:房野   参加者:2名

 6月に続き、「山﨑修二と山﨑に学んだ女流画家展」(2017年6月3日~7月9日)から作品を選びました。浜田にゆかりのある山崎修二氏の作品は、これまでも何度かみるみるで鑑賞されてきました。そこで今回は、なるべく今までやったことのない作品の中から鑑賞作品を選ぼうと決め、展示室に一歩踏み込んだ最初の印象的な風景画に決めました。それは、近景に大きくアザミやキンポウゲなどの春の草花、その向こうに麦の穂が見え、遠景にはお堂のような建物と紅白の幟、藁葺き屋根の家がならんだ田園風景でした。季節感や地域の生活感が案じられて、対話が弾みそうだ、と直感したのでした。

 ナビをするからには「リッチな対話」をめざします。そのためには
①ナビゲーターの力量
②対話型鑑賞に向く作品
③鑑賞者の「みる目」や「語彙力」「表現力」 

などが融合することが必要だと思います。「①ナビの力量」を高めるために<みるみるの会>が結成され、日々研鑽しているわけですが、その際、ナビゲーションの上手下手に関わらず「②作品そのもの」に助けられることがよくあります。作品が対話型鑑賞に向く作品であれば、鑑賞者同士の対話がどんどん続いていき、自然に深まっていくということがあるのです。ですから、対話の良しあしを左右する作品選びはとても重要です。「①ナビの力量」には、短時間で「これだ!」という、「②の、よりリッチな対話のできる作品」を選定するスキルも含まれますので、私たちはナビをする時は必死で作品を選ぶのです。

 今回の参加者は、みるみる会員の春日さんと常連のNさん、お二人でした。作品をみる目もボキャブラリーも豊富な方々なので、「③鑑賞者のみる目や表現力」については安心です。あとは、作品とナビにかかっています。初見で選んだ作品をナビするときは作品選定のスキルも試されるので期待と不安で、毎回ドキドキですが、今回は予想通り、絶え間なく意見が交わされ、終盤、私の「作者のこの作品に込めた思いはどんなものでしょうか?」という問いに「春を描くことで、生命の息吹や、明るさ、祭りの賑わい、楽しさ」「山陰の冬の暗さから一変、春がきた、という喜び」「自然の生命の誕生と、お釈迦様の誕生を祝う花祭りが同時に描かれている」など、細やかにモチーフを読み取った上での解釈がなされたのでした。

 そんな中でこの作品では、なるほど!というおもしろい発見がありました。

 「麦の穂」「アザミなどの花」などから、「季節は春」と共通認識を持った後、描かれた「時刻」は?という話題になった時のこと。モチーフによって、光の当たり方、角度、色などが一定していない、ということがわかり、時刻が朝、昼、夕に特定できずにいました。その後、「制作年が1938年」という情報を示したところ、「昭和13年ということは、まだ、写真は一般的ではなく、きっと、この場で写生したはず。だから、写真のように一瞬を切り取ったのではなく、時間をかけて現場で制作したため、画家が描く時間によって、日の角度が低い朝方に描いたものもあれば、昼間のような表現もあり、山際の空のように夕方のような色になっているところもあるのでは。」という意見が出たのです。制作年という情報から、当時の社会情勢や絵画の歴史的な流れを根拠に、より深く作品を読み取っていく、という大人ならでは、美術に造詣が深い人ならでは、の鑑賞になったのでした。
 実際、今回は私があまりナビゲーションしなくても、作品と鑑賞者の力量に助けられ、楽しい鑑賞会となりました。先日、春日さんが東京で知人とお話しした際、「鑑賞者が成熟すると、ナビはいらない」ということが話題になった、と教えてくださいました。その通りです。感謝。

 反省点としては、
・今回のように鑑賞者が少ない場合は、ナビ自身も一人の鑑賞者として意見を述べてよいのではないか。
・今後、鑑賞に対して慣れの度合いが多様な参加者がいても、一緒に楽しめるようなナビの技術をつける。
ということがあげられました。毎回、鑑賞会後には反省会をしますが、それが一番の収穫になります。やりっぱなしではなく、反省会で意見を交わし、こうしてレポートを書くことでさらに意識化する。大切ですね。

 さて、8月のみるみるは「隠岐研修」です!
 また、例会以外に、「出雲文化伝承館」でも8月6日(日)、8月12日(土)、8月20日(日)、9月2日(土)、いずれも11時~みるみるメンバーによる鑑賞会があります。どうぞご参加ください!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「山﨑修二と山﨑に学んだ女... | トップ | 出雲文化伝承館での鑑賞会レ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

対話型鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。