ただの独り言です。

特別に重要な意味はありません。お気になさらず。

タビ0053。

2016-11-07 07:11:31 | 日記
楽観主義の限界。
何度も何度も、同じ事の繰り返しに、楽観主義で乗り越えてきました。
思考の方向性を変える努力もしました。
しかし最後に勝つのは、静けさの中の孤独です。
いかに乗り越えようとも、待っているのは、孤独です。

またこの世界に自分しか存在していない事を確認できれば、その時こそ死が自身を招き入れる時でしょう。

何物にも、何者にも、勝る孤独の恐怖とその後の安らぎへの、期待。
死が全てを満たす事が出来る唯一の手段と思えるのです。

私の周りで、何も起こらなければその様な思考はされなかったと思います。

しかし、事実あの巨大な地震から全てが変わり、この地上に自分一人が残された現実を知った時の失望。しかしそれからも何とかして他の人や生物を、見つけ出そうと、多分地球を何週したか分らない程の、道程と思考の連続。
それでもなお、生き続ける自分に果たして希望は待っているのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 105日目です。 | トップ | ミナ0053。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。