関西人がドイツに住んだら

関西からドイツに移住しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

B1テスト

2017年05月03日 11時48分39秒 | 日記
試験前の予備テストで、いっつもギリギリか合格点以下の点数を叩き出し、パートナーに励まされていました。
クラスの中でほんまに成績が悪かった。みんなは普通に合格点以上の点数でした。
先生も最後らへん、ちょっと苦い顔してた。

結果はまあなんとかなりました。よかった。。


試験はペーパーテスト(リスニング付き)と与えられた長文についてディスカッション、プレゼンテーションでした。
ペーパーテストは予想どうりの難易度でした。

一番苦手なディスカッション、これはどこかで聞いたことのある時事ニュースだったのでまあなんとか乗り越えました。
テーマの単語がわからなかったら詰んでましたね笑
最初に30分くらいと一枚の長文が書かれた紙、メモ紙を与えられます。
そこに長文の要点、質問を書いていきます。
その後のディスカッションでパートナーと交互に要点は何か、どう思うかなど話し合います。

ここでパートナーが要点の全部を言ってしまっても詰みます。

パートナーとの関係も結構大事です。

私はパートナーが大体全部言うだろうと思っていたので同じような答えを違う言い方で説明しました。
これは一番の方法ではないけれど、よっぽどおかしい文法でなければおっけい。

プレゼンテーションは事前に相当練習したのでほぼ満点でした。
私は自分の旅行について発表しました。A4用紙がそこそこ埋まるくらいの長さの文章を読んで読んで録音して、暇なときに録音を聞いて暗記していました。

気づいたのは、正しい文を読んでるとスラスラドイツ語が出てくるようになります!大事!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ADKでの授業(B2) | トップ | ドイツ語が一番伸びた方法 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。