生かして生かされて生きる

日々感じる事 気になる言葉
宗教問わず信仰について考える
ほとんど私用メモ帳化してます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の宗教被害とケア

2006年01月14日 | 宗教被害・虐待被害関連
 インターネットの中にブログが出来て、宗教や信仰に関する事も個人的な意見や感情を述べられる様になり、また大型掲示板でも個人的な意見を書けるようになった。
単なる中傷やデマも多いけれど、体験などが書かれているものは、共感する意見も多い。

仏教系宗教被害に対してのサイトも今みたいになくて私がなかなか見つけられなかった頃、キリスト系カルト被害者のサイトとメーリングリストにお邪魔していた時期がある。
問題を生む教団は、教義により抱える問題も違うけれど、やはり共通した部分も多い。

カルトが生まれ始めた年代、活動の仕方や組織の組み方、ヒエラルキーの上層部の不透明さ、活動資金の不透明さ(海外では一部チェック機構もある)、プロパガンダ、世界へ向けての拡大、教団の2面性、他宗教に排他的で、枠組みの中だけが唯一絶対幸福の境涯であることをうたう。
宗教用語は違えど、家庭の問題、精神的なダメージ、2世3世問題などは同じ経験を経た方もいた。

その教団の中で、浅い信仰でいる間や疑問を持たない間は幸せだけど、まじめに深く信仰した上で、気づきたくない疑問や矛盾に気づいたとたんに恐怖を叩きつけられる。
恐怖は教義の中の罰のマインドコントロールだけに限らず、今までのアイデンティティの喪失、今後の人付き合いと生活、新たな価値観へのシフトの難しさ、などなど、問題は実に多い。
そして、カルトにいる人々は、特殊な人たちでなく、ごく普通の真面目ないい人達だったりする。無自覚のまま加害者と同時に被害者になるが、”本気で平和と幸せを願って””世の中の為に”活動している。

キリスト系ではモルモン教、エホバの証人、統一教会が三大カルトと認識されているようで、被害者の会も元信者や被害者の家族などの市民レベルから、伝統的なキリスト協会などでケアされているそうだ。
仏教系カルト対策はどうだろう。伝統的な仏教団体で被害者のケアなどされているだろうか?
お寺などに直接伺って聞いてみると、個人的に信仰に苦しみ疑問を持ちお寺の門を叩く人は毎年あるものの、カルト被害者に対しての積極的な動きはほとんどないようだ。サイトであぶない宗教に対して訴えているのを見るくらいで、既成仏教団体が一丸となって現実に活動しているものはあるのだろうか?私が知らないだけだろうか?
積極的なキリスト教の動きに比べて、かなり受動的な印象である。
仏教団体ゆえに、なのだろうか?

日本弁護士連合の方々が出版した本を読んでみると、そもそも日本のカルト対策は、カルト対策先進国ヨーロッパに比べて、はるかに遅れていることがわかる。
オウムの事件以降、ようやく少しの動きがみられたものの、宗教に寛容といわれているアメリカにさえ及ばない。

宗教の土壌が日本とヨーロッパでは違い、国の風土が違えば生まれる宗教も性格も違うのは当然だけれど、西洋はクリスチャニズムが根付いていることに対し、日本の古来の宗教観にはたたり信仰、先祖崇拝など、カルト信仰にも結びつきやすい土壌がもともとある。
また、第2次大戦後の前後をみても、国や警察が宗教に関わることを避けるように進められてきた背景もある。
政治に宗教団体と関わる政党がある為に宗教問題が議会にあがりにくいという問題もある。
正式な「宗教被害窓口」というものが日本にはない。
国や警察の対策も、市民レベルの運動も、政治の動きもまだまだ野放しに近い状態といえるのではないだろうか。
宗教家や宗教学者の今後の動きもチェックしたい。

少しずつでも、この宗教問題は専門機関で進められているのだろうか?
もう少し、せめて市民レベルでも、日本の宗教被害の取り組みについて、考えてみてもいいかもしれないと思う。
ひとりひとりが出来ることがあるかもしれない。

できれば、カルトと呼ばれる団体も、いい方向へ向かってゆくことを願う。

これらの問題は、今後も取り上げたいと思う。


 ※※追記※※

カルト問題は引き続き【こちら】のブログで行っております。
【こちら】のブログに載せたように、
市民側の動きも少しずつ始まりつつある。
カルト問題の専門機関の活動もあった。
調べてみると、知らないだけで国での動きすでにはじまりつつある。
一般レベルで行えることは、何が問題か、カルト問題が何かをきちんと把握することだろうと思われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法律関連&リンク整理しました。 | トップ | 虐待スパイラル »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この記事 いい(≧∇≦)b (わめ)
2006-01-16 01:24:59
 是非TBください。

 ってわめのどの記事にTBがいいのか・・・



 「宗教はやっぱり好きになれない」がいいか「強信者の心理と態度」がいいか( ̄へ ̄|||) ウーム



 お任せしますw笑



はい、了解です (みれい)
2006-01-16 19:02:11
わめさん、TBさせていただきます^^



本当はもっと参考になった、セクト議会の具体的な内容を書きたいのだけど、

今、著者にメール出して様子見てます。



それ書いたらまたお願いしますね^▽^



はじめまして (ナマズ)
2006-01-18 20:42:34
今日のテレビ朝日の「報道ステーション」に、新興宗教にかかわって糖尿病でなくなった娘さんのお母さんがでるそうです。
Unknown (Unknown)
2006-01-18 23:52:17
はじめまして。

報道ステーション見ました。

昨年の夏に報道されていた、糖尿病の少女が

民間治療で亡くなってしまった事件ですね。

当時、こんなものに頼らなければならないほど深刻な糖尿病だったのかしら?

と思ったものです。



「真光元」神道系の宗教でしょうか?

堀某という教祖も光合堀菌?も信用できないと思いましたが・・・。



糖尿病でインスリン注射が絶対に必要な娘さんを、治ると言われたとしても、何故

万一のためのインスリンも所持させず、

あのような施設に置いて帰ったのでしょう?

(母親は付き添わずに置いて帰った。

その2日後くらいに娘さんは亡くなってしまわれた。)



子を持つ親として、

悪いのですがあの母親の行動が、

新興宗教にだまされたと言うことを差し引いてもちょっと理解できないです。



奇妙な宗教にだまされないようにしなければ。。
なんてこと! (みれい)
2006-01-19 02:25:06
ナマズさんはじめまして^^



名無しさんは別の方?はじめまして^^



>ナマズさん、



のっぴきならない情報ありがとうございます。

このサイトにさっき来たので、

せっかくのテレビ、見逃してしまいました。

そんななか、



>名なしさん



説明くださいましてありがとうございます。感謝です。

http://kito.cocolognifty.com/topnews/2005/07/post_df58.html

ありました。怪しさ100%です。



医学が発達していない時代は祈祷で乗り切るのもわかりますが、

医学を無視して宗教儀式でなんとかしようとするのはとんでもない間違いだと思います。

包括しても、はみ出てはいけない。



私の知人は怪しい宗教かぶれの親から「お前の悪霊を払ってやる」と、おでこに塩の塊をぶつけられた、という方も。

エホバの輸血拒否もそうですが、

誤った道理がどれほど人を悲しみに巻き込むか。



本当に、もっと宗教被害対策がとられるべきだと思います。



と同時に、宗教の認識もこれから大事になってくるのではと思います。
Unknown (ナマズ)
2006-01-19 02:28:26
>子を持つ親として、

悪いのですがあの母親の行動が、

新興宗教にだまされたと言うことを差し引いてもちょっと理解できないです。



テレビや雑誌の断片てきな報道だけでは何とも。



ただ、娘を元気にしてやりたいという親の感情につけこんだ教祖の罪は重いな。

みれいさん、おはよう。 (ナマズ)
2006-01-19 02:34:16
>医学を無視して宗教儀式でなんとかしようとするのはとんでもない間違いだと思います。

包括しても、はみ出てはいけない。



医療不信ていう側面もあると思うな。



医療にせよ、宗教にせよ、依存させ具合が大きいから、思考停止状態になりやすいかな。

うん。 (みれい)
2006-01-19 02:40:42
ナマズさん



>娘を元気にしてやりたいという親の感情につけこんだ教祖の罪は重いな。



もっともですね。

親御さん、娘さんが亡くなって、どう思っただろうか。

子もいるけど、宗教依存の親を持った立場として気になります。
ちなみに (ナマズ)
2006-01-19 02:49:22
上記のテレビ出演はこのブログで知りました。

http://blog.goo.ne.jp/fanfanyuki



医療不信 (みれい)
2006-01-19 12:34:20
>ナマズさん、



医療不信の原因のひとつは、マスコミの報道のしかたもあるかもしれませんね。

治ることより、ミスや不祥事ばかりを報道するから、悪い面ばかりが目立って、不信感を持ちやすい。

またよくない宗教も医者も、一方的な権力と抑制で支配する。



医者も宗教も事前にインフォームド・コンセントを

しっかりしなくてはいけないわけです。

それにしても、 (みれい)
2006-01-19 12:48:35
そのご紹介いただいたブログの木津さんて、何者なのでしょうか?塩を高額で売っている時点でなんだか怪しい。

最近は宗教をうたわない自己啓発セミナー形式が出てきましたが、それらもよくよく気をつけなければいけないですね



トムクルーズも宗教じゃないけれどカルトなグループに所属しているようです。

サイエントロジーだったと思います。
まいど (ナマズ)
2006-01-19 17:48:55
>治ることより、ミスや不祥事ばかりを報道するから、



今まで不祥事を隠しすぎたというのもありますね。



後、患者にだす薬の数が多すぎ。





>医者も宗教も事前にインフォームド・コンセントを



できるかぎり医療用語を使わないで説明してほしいな。



>ブログの木津さんて、何者なのでしょうか?



僕も最近知った人やでよくは分からないのだけど、ヒーラーを職業としている人かな?



掲示版に質問してみたらどうでしょう?



まあ、こういう西洋医学以外の、東洋医学とか、気功とかをちゃんと勉強すると、カルトの方々がいう病気治しとかの技術レベルの低さがわかります。



>最近は宗教をうたわない自己啓発セミナー形式が出てきましたが、



ちゃんとした組織かどうかをみきわめるコツは、その団体がちゃんと弟子の方々を自立させる方向に指導してるかどうかをみてくとよいですね。



関西弁? (みれい)
2006-01-19 18:47:09
>ナマズさん



>今まで不祥事を隠しすぎたというのもありますね。



これ、医療だけでなく、政治も教育機関も全部そうなのですが、批判ばかりでなく対策を検討する機会がもっとあってもいいとおもうし、そういった番組をもっと作るべきだと思うのです。



>後、患者にだす薬の数が多すぎ。



あはは。そうですね。



>できるかぎり医療用語を使わないで説明してほしいな。



インフォームド・コンセント→事前説明



>まあ、こういう西洋医学以外の、東洋医学とか、気功とかをちゃんと勉強すると、カルトの方々がいう病気治しとかの技術レベルの低さがわかります。



なるほど。原始的なのかも。

鳥の臓物を使う心霊治療レベルでしょうか。



>ちゃんとした組織かどうかをみきわめるコツは、その団体がちゃんと弟子の方々を自立させる方向に指導してるかどうかをみてくとよいですね。



まったくそうですね。

私は以前カウンセリングに通った事がありますが、

カウンセラーも「必要としなくなるのが終了」と話してました。あらためて実感します。



カウンセラーやセラピーにも、カルトは存在します。

まさに依存させていくのは正反対ですね。

気をつけます。

まいどはまいどおおきにの略です (ナマズ)
2006-01-19 21:31:27
>批判ばかりでなく対策を検討する機会がもっとあってもいいとおもうし



なるほど、代案をたてるってことですね。



>インフォームド・コンセント→事前説明



みれいさんすいません、文章に主語がなかったですね。



お医者さんが患者に説明するときにちゃんと分かりやすく説明してほしいなって事が書きたかったのです。



>なるほど。原始的なのかも。



低レベルのパクリが多いですから。



オウムの人達の何人かは、ヨガのエキスパートの人に会って、麻原氏のヨガのレベルが低い事を実感して、やめた方々もいますし。



とりあえず、どんなジャンルでもその道の色んな方々に実際に会って確かめたほうがよいです。



たしか、中国では師匠を探すのは三年だか五年かけろと言ってますし。



>まさに依存させていくのは正反対ですね。



恋愛も依存させないようにしやないかんなー。



でも、最近は男のほうが女の子に依存してるみたい(女じゃなくお母さんを求めているんだって)気をつけよっと。





うんうんほんとに (みれい)
2006-01-19 22:55:49
>ナマズさん



>お医者さんが患者に説明するときにちゃんと分かりやすく説明してほしいなって事が書きたかったのです



ああ、なるほど。

最近は個人病院に行くと、医院によってはわりと丁寧です。

どこかでやたらきれいな看護婦さんがずらりと並んでいたところがあって、キャバクラかと思いました。

どこの治療やねん、と思った。

あれは先生の趣味ですね、きっと。



誰を師とするかって、本当に一生モノだから、本当に慎重にすべきですね。これを間違うと一生が狂います。



女性に母を求めるのは日本の傾向らしいですよ。

アメリカだと母親でも女性として扱うよう教育されるらしいです。

日本人が依りあって生きる傾向があるのかもしれませんね。

素敵なパパになってくださいね^^

みれいさん、おはよう (ナマズ)
2006-01-20 05:52:48
>どこかでやたらきれいな看護婦さんがずらりと



病気になったら、その病院に入院しよう。





>誰を師とするかって、本当に一生モノだから、



これはもう自分のセンスにかけるしかないですね。



今まで付き合ってきた異性を客観的にみて、だめ系かどうか判断すれば自分にセンスがあるかないかがわかるかも。





>女性に母を求めるのは日本の傾向らしいですよ。



たしかに奥さんの事をお母ちゃんて呼びますもんね。



最近、父親の復興をて言ってますが。

「風呂、飯、寝る」ていう、赤ちゃんみたいなコミュニケーションじゃ、奥さんが苦労するだけやもんな。



以心伝心ていうけど、基本的なコミュニケーションができた上での前提やし。



>素敵なパパになってくださいね^^



ハーイ。



新興宗教にだまされた母親の追加情報 (ナマズ)
2006-01-20 17:06:43
>親御さん、娘さんが亡くなって、どう思っただろうか。

子もいるけど、宗教依存の親を持った立場として気になります。



この下のブログに娘さんを亡くした時の母親の心境が少し載ってます。



http://jankiryu.com/report/
ありがとうです (みれい)
2006-01-20 20:36:02
貴重な情報ありがとうございます。



お母様も目が覚めたでしょうかね。



人の子をさらって食べてた鬼子母神が、

自分の子をさらわれて気がついた話をふと思い出しました。



人生やり直しはできないけれど、見直しは何度でも出来る。

これからの人生、生きてほしいと思います。



そんな私も軌道修正の毎日だったりする。
いえいえ (ナマズ)
2006-01-21 00:31:12
>人生やり直しはできないけれど、見直しは何度でも出来る。

これからの人生、生きてほしいと思います。



ホント生きてほしいですね。





>そんな私も軌道修正の毎日だったりする。



疲れたらちゃんと休んでね。



さっき紹介したブログにでてくる桜井さんは、木津さんが精神的に疲れてるのを感じたんだろうな。



やっぱ休むのは大事ですね。



はーい (みれい)
2006-01-21 03:38:08
>疲れたらちゃんと休んでね



ありがとうデス



気をつけます
天理教でも (天理教被害者の会)
2007-10-21 02:25:15
天理教でも被害が出ています。幹部信者が末端信者に多額のお供え(お布施)をさせているのです。ひどい人では月給と退職金の全てを教会にお供えしています。明らかに幹部信者に欺されているとしか言えません。他にも、信者の社長が、社員に天理教を強要したり、エセ医療行為が行われその結果死亡・後遺症になったりしています。

http://6631.teacup.com/higaisha/bbs
コメントありがとうございます (みれい)
2007-10-21 09:26:29
天理教被害の会 さま

http://mirei2007.blog88.fc2.com/

宗教問題に関しては、こちらのほうが参考になるかと思います。
リンク先の相談・連絡窓口にも天理教に関して扱っている機関があります。ご報告されてみてはいかがでしょうか。

カルト対策なら、紀藤正樹弁護士 (k)
2007-12-07 15:34:38
カルト対策なら、紀藤正樹弁護士
リンク総合法律事務所
http://homepage1.nifty.com/kito/homepage.content.htm

カルト対策実績多数。
コメントありがとうございます (みれい)
2007-12-07 22:53:26
Kさん

ご紹介ありがとうございます。

リンクのほうは、こちらをブログのリンクに入れさせていただいております。

http://homepage1.nifty.com/kito/syuukyohigai.top.frame.htm
何故このような被害者が出るのか (崇教真光の組み手です)
2009-03-02 08:07:09
私は、名前のらんにも、記入した通りに崇教真光と言う教団の一組み手です、何故このような被害者が癒しであるはずの宗教団体から出るかと言えば幹部が悪いと言っても良い位ですよ実は私の所属する滋賀中道場の澤田と言う道場長は自分の好き嫌いで、お浄めをする相手を決めているみたいですしまた何も知らない癖に偉そうに人を裁くこんな人物に所属道場の幹部をさせているから良い幹部も出て来ないし宗教ばなれする人も多くなると思います。
コメントありがとうございます。 (みれい)
2009-03-09 18:35:59
今は宗教離れが盛んで、そのかわりにもっと曖昧でお手軽なスピリチュアルなんてのが盛んだったりしますね。

けれども人の苦しみ、悲しみ、生き方死に方を考えるってのは、いつの時代も変わらないようで、ゆえにおくりびとのような死そのものから生きることを考えることができる映画が心にくるのかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。