MS(多発性硬化症)とともに~未来へ繋ぐ(治験コーディネーター(CRC)として)

10代後半から多発性硬化症と付き合ってきました。
今日1日を精一杯生きる~そして明日へと繋ぐ~

1日目(10月13日)

2010-10-27 15:09:31 | 旅行

早朝家を出て、小倉の三萩野79分発の福岡空港行きのバスに乗る。

福岡空港で集合後羽田空港へ、リムジンバスで成田空港へ。

成田空港で入国審査を受け、免税店でショッピング。お化粧品と時計を買う。車椅子なので行きたいところに連れて行ってもらわねばならず、少し不自由。

 

コンチネンタル航空で成田からニューヨークのニューワーク空港へ、そこで入国手続き。ニューワーク空港からCanadaのモンクトン行きに乗り換える。何か不具合があったのか、なかなか飛び立たず随分遅くなった。この飛行機はこれまで乗ったもので一番小さかった。

 

空港内はすべて車椅子で対応してもらった。モンクトンのデルタホテルへ漸く到着。長い道中だった。

 

ニューヨークまでは左にカルロスという日本に住むフィリピン人がいて、ニューヨークであるビリヤードの大会に行くという。

右側は日本人の若い男性で、BostonのIT関連の会社に勤めているという。忙しそうにパソコンでメールのやり取りをしていた。

 

私は、あまり動かなくていいので、私の身体としては楽だった。他の人には苦痛であったかも知れないが。

 

何も予習してなくて、その日に何があるのか、その日暮らしという感じ。こんなのは初めてだ。

家を出るまで、母が食べるものに困らないかということに気を取られていたというのが本当だが。実際は食料の作りすぎだったみたい。

 

母にとってはあっという間の8日間だったらしい。私にとっては長い長い旅行の始まりだった。
       
               

                                  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「PTH製剤:フォルテオを求め... | トップ | 「PTH製剤:フォルテオ」... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Take)
2010-10-31 23:21:03
はじめまして
我が家も、10月9日-15日まで、ノバスコシアとPEIに行きました。
きっと同じツアー会社なのでしょうね。
同じような写真、同じガイドさんのお名前がでています。
クリスチャンなんですね。僕らもそうなので、結構教会めぐりをしましたので、よかったら見に来てくださいね。

TBさせてもらいました。
そうなんですね。 (mirais27)
2010-11-03 05:06:19
私たちは10月13日から20日でした。

でも、ごこかですれ違っているかも・・・。
ツアー会社は「国際航空旅行サービス株式会社」といって多分違うと思います。

添乗員さんが話しているのを聞いて、またまた冗談をと思っていたら、本当に変わった企画をしている会社でした。

PEIはよかったですね。
住みたいい気持ちは変わりません。

同じクリスチャン、嬉しいです。
こうやって繋がりが出来るのって最高です。

お邪魔しますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
25'th anniversary Travel diary(6章1節 GoTo Akitsu_shima) (LOGOS-喜びを分かち合い、悲しみをともにするために-)
早朝5時15分。こんな時間に出発するのも、シャーロットタウンから出発する飛行機は全部で11便、日本に帰る便に乗るには、6:25発の...