保健福祉の現場から

感じるままに

健診データベースの構築

2016年10月13日 | Weblog
キャリアブレイン「健康情報一元化で共同宣言- 医学健康管理評価協議会」(http://www.cabrain.net/news/article/newsId/49783.html)。<以下引用>
<国民に質の高い保健事業を提供するために医療・健診関係団体が結集した日本医学健康管理評価協議会(顧問・横倉義武日本医師会長)は12日、国民の生涯を通じた健康情報を一元化するために、健診データベースの構築に取り組むことなどを盛り込んだ共同宣言をまとめた。今後、政府・与党に対し、来年度予算での健診データベースを策定・運用する財政支援の実現に向けて要請活動を強化する。同協議会は2010年2月の設立。日本医師会(日医)、全日本病院協会、日本病院会、日本人間ドック学会、日本対がん協会、日本総合健診医学会など10団体で構成されている。この国で、乳幼児から老年期に至るまでさまざまな健診を中心とした保健事業が実施されているが、健康情報が一元的に管理されていないために、年齢ごとなどで適切な保健事業が提供されていないとして、健診データベースの構築を打ち出した。共同宣言を発表した12日の記者会見で横倉顧問は、「個人情報の厳格な管理を前提として、国民の生涯を通じた健康情報が一元管理され、一次予防から三次予防までの保健事業が国民のライフサイクルに応じて『生涯保健事業』として的確に実施されなければならない」と述べた。同協議会は、健診データベースの悉皆性を担保するために、広く国民に理解してもらえるよう啓蒙活動にも注力する。同協議会の下に設置されたワーキンググループでは今後、▽健診データ管理のための品質保証ガイドライン▽個人情報保護(同意)の在り方▽健診データ標準化をするためのインセンティブ-などが検討課題となる。一元管理される個人の健康情報は、重複した情報がないように名寄せされた上でデータベース化され、現在検討されている医療等IDと相互に連結する。日医の医師資格証を所持した医師が、診察時などにその情報を参照できるようにする案も出ている。>

「保険者間の特定健診等データの移動に係る当面の対応」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000120413.pdf)(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000120414.pdf)が出ていたが、「データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-hoken.html?tid=350947)の資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000122694.pdf)p2「保険者機能強化に必要なインフラの在り方には「マイナンバー制度のインフラ活用」がどうなるか気になる。マイナンバー制度(http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/)(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062603.html)の資料(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12600000-Seisakutoukatsukan/0000088816.pdf)p3「平成29年7月目途~ 地方公共団体・医療保険者等との情報連携も開始」、p35~生活保護分野、p38~障害者福祉分野、p54~児童福祉分野、p59~国民健康保険分野、p62~後期高齢者医療制度、p65~介護保険分野、p69~健康管理分野、p71~国民年金、p99~マイナンバーの利用範囲の拡充は理解しておきたい。「医療等分野におけるマイナンバーの利用拡充」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000077884.pdf)は保健事業に従事される方々の理解をもっと深める必要があるように感じる。「保険者による健診・保健指導等に関する検討会」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-hoken.html?tid=129197)、「特定健康診査・特定保健指導の在り方に関する検討会」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kenkou.html?tid=322611)、「労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のあり方に関する検討会」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-roudou.html?tid=328053)、「健康診査等専門委員会」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei.html?tid=311909)はセットで動向をみておきたい。連携が必要なのは特定健診だけではない。健康診査等専門委員会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei.html?tid=311909)で「乳幼児健康診査の事後フォロー」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000104581_4.pdf)が出ていたが、妊婦健診(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001ylvj-att/2r9852000001ymao.pdf)では、肝炎ウイルス検査、風しん抗体価、子宮頸がん検診、クラミジア検査、血糖検査なども行われており、母親の継続的な健康管理にも活用されるべきと感じる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外来医療費の地域差縮減と糖... | トップ | 産科医師の減少 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。