保健福祉の現場から

感じるままに

セルフチェック検査の情報公開が必要

2017年01月25日 | Weblog
KDDI「スマホdeドック」(http://www.kddi.com/business/imasarajiji/20160902smartkensa/)(https://www.smartkensa.com/)で、生化学14項目(https://www.smartkensa.com/gp/info)に続き、胃がんリスクチェックABC分類(https://www.smartkensa.com/abc/info)が行われている。すでにセルフチェック検査(http://kenshin.shop-pure.net/index.shtml)は様々なものが行われていることは認識したい。しかし、例えば、HPV検査(http://kenshin.shop-pure.net/std/hpv.html)は子宮頸がん検診に代わるものではない。今後もネットを通じてセルフチェック検査が普及するであろうが、公的機関による精度管理も含めた情報収集・提供が必要と感じる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 難治性てんかんとPET検査、SP... | トップ | 地域医療連携推進法人の動向... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事