保健福祉の現場から

感じるままに

予防接種スケジュール

2016年10月12日 | Weblog
「NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会」(http://www.know-vpd.jp/index.php)の「2016年4月から7月生まれの赤ちゃんのB型肝炎ワクチン接種スケジュール」(http://www.know-vpd.jp/news/2277.php)が出ているように、対象児には個別に周知されているであろう。今年10月からB型肝炎ワクチンが定期接種となり、「B型肝炎ワクチンに関するQ&A」(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137555.html)の周知徹底が必要であるが、赤ちゃんのB型肝炎ワクチン(http://www.know-vpd.jp/hbv/index.htm)の基礎知識は、母子保健推進員や愛育班等のボランティア団体にも周知徹底しておきたいものである。「予防接種スケジュール」(http://www.nih.go.jp/niid/ja/vaccine-j/2525-v-schedule.html)が過密になっており、他のワクチンとの同時接種の普及を図るとともに、混合ワクチンの開発を進める必要があるように感じる。「NPO法人VPDを知って、子どもを守ろうの会」(http://www.know-vpd.jp/index.php)の「要望書では10月1日からのB型肝炎ワクチンの定期接種について、3歳未満児のキャッチアップ接種を経過措置として実施することを求めている」とある(保健衛生ニュース10月11号)が、検討されるであろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国民の痛み伴う改革 | トップ | 胃がん内視鏡検査の自治体間格差 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。