保健福祉の現場から

感じるままに

生活保護の大きな地域格差と自治体別後発医薬品使用割合

2017年03月06日 | Weblog
生活保護関係全国係長会議(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000153729.html)の資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000153730.pdf)p63「都道府県・指定都市・中核市別保護率」では、大阪市5.55%~富山県0.27%の大きな地域格差がある。それだけではない。資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000153730.pdf)p6「就労支援事業の実施状況の地域差」、p9「医療扶助における後発医薬品使用状況の地域差」、p82~p83「都道府県・指定都市・中核市別医療扶助人員」、p96~p113「自治体別後発医薬品使用割合」をみれば、取り組み状況の地域格差も大きいことがわかる。通知改正(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000153739.pdf)でいくら対応が強化されてもそれぞれの自治体で取り組まれなければ意味がない。社会保障ワーキング・グループ(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/index.html)のKPI・「見える化」項目の明確化(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/280711/shiryou5.pdf)p22「都道府県等別年齢調整後被保護者一人当たり医療扶助費(月額)を毎年度作成することにより、都道府県等別の医療扶助費の地域差の把握を行う。」とあったが、資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12201000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu-Kikakuka/0000153730.pdf)p96~p113「自治体別後発医薬品使用割合」が出たことは注目である。経済財政諮問会議(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/)の資料「経済・財政一体改革 (社会保障改革)の取組状況」(http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2016/1021/shiryo_04.pdf)p1で、後発医薬品の使用割合の目標達成(70%→80%)【▲約4000億円】、医薬品の投与の適正化(重複、多剤投与の是正)【▲約600億円】の平成35年度の効果額が示されているように、薬による医療費適正化も大きいが、公的医療保険だけではなく、生活保護医療扶助でも進めたい。平成28年度全国厚生労働関係部局長会議(http://www.mhlw.go.jp/topics/2017/01/tp0117-1.html)の社会援護局資料(http://www.mhlw.go.jp/topics/2017/01/dl/tp0117-k02-02-03p.pdf)p38生活保護医療扶助における平成28年の後発医薬品使用割合(数量シェア)は69.3%で、全国健康保険協会資料(http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/honbu/cat740/2901/290119017.pdf)p2「都道府県別ジェネリック医薬品使用割合(数量ベース)(調剤分)(平成28年9月診療分)」をほんの少し上回る程度である。厚労省資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000148235.pdf)p42「保険者における予防・健康づくり等のインセンティブの見直し」のように、医療扶助でも財政的インセンティブが考えられるかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童発達支援センター | トップ | 療養病床と介護施設の行方 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。