保健福祉の現場から

感じるままに

地域医療連携推進法人

2017年04月22日 | Weblog
キャリアブレイン「経営戦略  早くも黄信号!? 推進法人に6つの問題点」(https://www.cbnews.jp/news/entry/20170419200303)。<以下一部引用>
<2014年1月のダボス会議での安倍晋三首相の発言をきっかけに、鳴り物入りで始まった「地域医療連携推進法人制度」に早くも黄色信号が灯っている。当初、参加が有力視されていた法人が、次々と辞退しているというのだ。日本版の「非営利ホールディングカンパニー型法人」の創設を提唱してきたキヤノングローバル戦略研究所の松山幸弘研究主幹は、6つの問題点があると指摘する。一体、この制度のどこに問題があるのか―。松山氏に話を聞いた。―非営利ホールディングカンパニー型法人の創設を主張したのはなぜか。日本の医療提供体制の最大の問題は「過剰投資」にある。かつて補助金で設備投資を繰り返していた国公立病院が、依然として急性期医療で過剰投資を続けている。そして、その煽りを受ける形で、民間法人も過剰投資となり、全体が過剰投資に陥った結果、病床の再編が進まない。私が非営利ホールディングカンパニー型法人の創設を提案したのは、国公立病院に過剰投資をやめさせる仕掛け作りだった。国公立病院の地域統合には政治が絡むので、トップダウンで強制的にやらないと動かない。地方議会では、できるだけ大きな病院の公共工事を請け負うことが目的化し、医療提供体制を良くするという発想で議論はできないからだ。患者が急性期病院に行くのは、大きな病気やけがをした時だけだ。普段は開業医の先生に診てもらう。本来、病院を増やすという発想ではなく、開業医の先生が働きやすくなる仕組みをつくるべきだが、国は今回の制度を病床再編という誤った方向に誘導してしまい、おかしな法律ができた。私が知る限り、この制度を良いと言っている人は一人もいない。■「非営利」のロジックが迷走している ―地域医療連携推進法人(以下、推進法人)の問題点はどこにあるのか。まず、「地域連携」を進めると言っておきながら、厚生労働省が直轄する国立病院や労災病院、JCHO(地域医療機能推進機構)の病院が名乗りを上げていない。そして第二に、評議会の意見具申など、面倒な手続きが多過ぎる。グループ内でさまざまな施設を抱え、自前で地域包括ケアシステムをやれる「勝ち組」の経営者にとって、参加するメリットは皆無と言っていい。>
 
地域医療連携推進法人制度の通知(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000080739_16.pdf)、定款例(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000080739_17.pdf)、事業報告書様式(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000080739_18.pdf)が出ている。全国医政関係主管課長会議」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei.html?tid=419341)の資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000155420.pdf)p104~105、p436~443「地域医療連携推進法人制度」は魅力的ではあるが、地道な積み重ねこそ欠かせないであろう。そういえば、中医協資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000031001.pdf)p29~30で再編・ネットワーク化の事例が紹介されていた。地域医療構想(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html)を踏まえた「新公立病院改革プラン」(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/hospital/hospital.html)によって病院再編が進むかもしれないが、「地域医療連携推進法人制度」は営利面ばかり強調されてはいけないであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療従事者の需給と偏在対策 | トップ | 入院基本料の行方と医療連携... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。