保健福祉の現場から

感じるままに

健康経営優良法人認定制度と健康経営・コラボヘルス

2017年07月13日 | Weblog
「データヘルス・健康経営を推進するためのコラボヘルスガイドライン」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170819.html)と「事例に学ぶ効果的なデータヘルスの実践」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170830.html)が公開されている。経済産業省「健康経営銘柄」(http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenko_meigara.html)、「健康経営優良法人認定制度」(http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html)は知っておきたい。「保険者データヘルス全数調査」(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/dhcs28/)の結果について、日本健康会議データポータル(http://kenkokaigi-data.jp/)に出ており、データマッピング(http://kenkokaigi-data.jp/datamap/)の都道府県地図をクリックし、「詳細」をみれば、それぞれの都道府県内の取り組み状況(市町村、保険者)が詳細にわかり、特に、宣言4「健保組合等保険者と連携して健康経営に取り組む企業を500社以上とする。」、宣言5「協会けんぽ等保険者のサポートを得て健康宣言等に取り組む企業」に注目したい。健康経営・コラボヘルスは大企業に限らない。「健康経営優良法人認定制度」(http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html)には中小規模法人部門もあるが、「健康経営優良法人 中小規模法人部門」認定法人(都道府県別)」(http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/20160227.pdf)をみると地域格差がみられるようである。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 療養病床と介護医療院 | トップ | 冠動脈疾患発症予測 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。