保健福祉の現場から

感じるままに

病床機能報告の規定

2017年06月28日 | Weblog
キャリアブレイン「病床機能の報告率100%目指し対策強化へ 厚労省」(https://www.cbnews.jp/news/entry/20170626190433)。<以下一部引用>
<病院や有床診療所が自院の役割などを申告する「病床機能報告」の回答率を100%にするため、厚生労働省は10月までに、各都道府県に対策を講じさせる方針だ。病院などの管理者には報告が義務付けられているが、昨年度は1割弱から報告がなかった。医療機関が報告しなかった理由や、それを踏まえた対策を、複数回にわたって厚労省が都道府県から聴取し、都道府県側の取り組みを促す。病床機能報告は、一般病床か療養病床を持つ入院医療機関の管理者が年1回、自院の役割や今後の展望、実際に提供している医療の内容などを都道府県に報告する制度。2014年度に始まり、今年度が4回目になる。休床中などの場合は報告が免除され、昨年度は1万4254施設が対象だった。2種類の報告様式をそれぞれ提出する必要があるが、自院の機能などを示す「様式1」を503施設(3.5%)、医療の内容などを示す「様式2」を1090施設(7.6%)がそれぞれ出さなかった。報告結果は、将来の需要予測に合わせて医療提供体制を再編する「地域医療構想」の実現に向けて、現状を確認する際などに使われる。対象すべてから報告が集まらないと、提供体制の再編に向けた地域の関係者同士の話し合い(地域医療構想調整会議)が進まない可能性がある。厚労省は、都道府県ごとに担当職員を既に決めており、報告しない医療機関があった理由などの聴取を、早ければ月内にも開始する。■公的医療機関すべてで新改革プラン策定? また同省は、都道府県ごとの地域医療構想調整会議の進ちょく状況も、定期的に確認する方針だ。開催日のほか、その日の会合で合意に至ったこと、話し合いを踏まえた公立病院や特定機能病院の役割などの把握を目指す。>
 
医療法に基づく病床機能報告(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055891.html)について、「医療法第三十条の十三 病院又は診療所であつて一般病床又は療養病床を有するもの(以下「病床機能報告対象病院等」という。)の管理者は、地域における病床の機能の分化及び連携の推進のため、厚生労働省令で定めるところにより、当該病床機能報告対象病院等の病床の機能に応じ厚生労働省令で定める区分(以下「病床の機能区分」という。)に従い、次に掲げる事項を当該病床機能報告対象病院等の所在地の都道府県知事に報告しなければならない。同五項 都道府県知事は、病床機能報告対象病院等の管理者が第一項若しくは第二項の規定による報告をせず、又は虚偽の報告をしたときは、期間を定めて、当該病床機能報告対象病院等の開設者に対し、当該管理者をしてその報告を行わせ、又はその報告の内容を是正させることを命ずることができる。同六項 都道府県知事は、前項の規定による命令をした場合において、その命令を受けた病床機能報告対象病院等の開設者がこれに従わなかったときは、その旨を公表することができる。」「第七十五条の三 第三十条の十三第五項の規定による命令に違反した者は、三十万円以下の過料に処する。」の規定があることは常識としたい。さて、「地域医療構想に関するワーキンググループ」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei.html?tid=368422)の「地域医療構想調整会議における議論の進捗状況の把握について」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000168625.pdf)p5~6「地域医療構想調整会議における議論の進捗状況を把握する際に都道府県に対し確認する事項」は厚労省「地域医療構想」(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html)で見える化されるべきかもしれない。地域医療構想(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html)を踏まえた「新公立病院改革プラン」(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/hospital/hospital.html)について、総務省「公営企業の経営戦略及び新公立病院改革プランの策定状況」(http://www.soumu.go.jp/main_content/000439913.pdf)(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000149.html)で、都道府県別の策定状況(http://www.soumu.go.jp/main_content/000439915.pdf)も出ていたが、「新公立病院改革プラン」http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/hospital/hospital.html)(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000103.html)(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000135068.pdf)が具体的に進まないのに、地域医療構想(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html)は進まない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人インセンティブと保険者... | トップ | 病床機能報告と病床ダウンサ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。