保健福祉の現場から

感じるままに

DPC係数

2017年06月16日 | Weblog
キャリアブレイン「努力は必ず報われる? 問われる係数IIの在り方 DPC病院の試練(4)」(https://www.cbnews.jp/news/entry/20170615151757)。<以下一部引用>
<DPC対象病院の頑張りを収益の水準に反映させるのが「機能評価係数II」(係数II)だ。診療実績や医療の質的向上などを評価するもので、毎年4月に値が更新される。業績に応じて支給されるサラリーマンのボーナスに似た仕組みだ。「努力は必ず報われる」と信じたいところだが、関係者からは、年収全体に占めるボーナス部分の割合が低過ぎるとの指摘もある。■係数を掛け合わせて機能に応じた報酬水準に 急性期病院が入院患者を治療した際の報酬体系を、サラリーマンの給与体系で例えると、給与額が変動しづらい固定給制に近いタイプと、業績が色濃く反映される歩合給制に近いタイプとに分けられる。DPC対象病院の報酬体系は、固定給制に近いタイプだ。患者の主な傷病などの診断群分類(DPC)ごとに一日当たりの報酬(DPC点数)が決まっており、薬剤などの医療資源をどれだけ投入しても原則増えない。とはいえ、医療を提供するための設備や果たす機能は病院ごとにさまざまだ。もし、そうした機能と関係なく決まった金額を支給すれば、一部の病院は機能の縮小を余儀なくされる。このためDPC病院の報酬体系は、「医療機関別係数」を病院ごとに設定し、DPC点数に掛け合わせる仕組みになっている。例えば、この係数が1の病院と1.5の病院とでは、DPC点数が同じでも、報酬に1.5倍の開きが生じる。■診療が適切か、さらに問われる制度に 医療機関別係数は4つの係数で構成され、病院の診療の適切さを報酬に反映させる役割を係数IIが担っている。その評価する軸は現在8つあり、平均在院日数の短縮や、地域医療への貢献などに、それぞれインセンティブを与えている。企業が目標の達成度とボーナスの支給月額(基本給何カ月分を支給するか)とを連動させ、サラリーマンの勤労意欲を高めるのと似た仕組みだ。DPC対象病院1664施設(4月時点)の今年度の係数IIの最高値は0.1032、最低値は0.0242だ。つまり、最低値の病院ではDPC点数が2%程度しか加算されないが、最高値の病院では10%以上加算される。1年間の報酬額には大差が生じる。しかも、係数IIの最高値や平均値は来年4月以降、より高くなる見通しだ。病院の機能を問わずに、前年度並みの報酬水準を保証してきた「調整係数」が制度から完全になくなるためで、今後は診療の適切さが、報酬水準により反映されるようになるというわけだ。■係数IIがトップ5でも楽観視できない? 適切な診療を自負する病院にとって、こうした評価体系の見直しは歓迎すべきことだろう。しかし、係数IIの値が常に上位の美原記念病院(群馬県伊勢崎市)を運営する美原盤・全日本病院協会副会長は、来年度以降の病院経営にあまり楽観的でない。>
 
DPC係数の平成29年度の病院別の数値は資料(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000165562.html)からダウンロードできる(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000165685.pdf)。厚労省「DPC導入の影響評価に関する調査結果」(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049343.html)、医療法に基づく病床機能報告(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055891.html)、医療法に基づく医療機能情報(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/teikyouseido/index.html)、医療機関届出情報(地方厚生局)検索(http://caremap.jp/cities/search/facility)等もみれば、ある程度、各病院の実績がわかる。DPC評価分科会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-chuo.html?tid=128164)の中間報告案(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000165675.pdf)p6「地域医療係数については、今後の医療計画の見直しの方向性に沿って見直す。」とされたが、資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000165676.pdf)p17~の地域医療指数の①脳卒中地域連携、②がん地域連携、③救急医療、④災害時における医療、⑤へき地の医療、⑥周産期医療、⑦がん拠点病院、⑧24時間t-PA体制、⑨EMIS、⑩急性心筋梗塞の24時間診療体制、⑪精神科身体合併症の受入態勢、⑫高度・先進的な医療の提供、は医療計画(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/iryou_keikaku/index.html)と密接に絡んでいる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師偏在対策の見える化が必要 | トップ | 要配慮個人情報 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。