保健福祉の現場から

感じるままに

公的医療機関等2025プランに注目

2017年08月09日 | Weblog
キャリアブレイン「公的医療機関は「2025プラン」策定を 厚労省が日赤や国立病院機構などに通知 」(https://www.cbnews.jp/news/entry/20170808140351)。<以下引用>
<厚生労働省は、日本赤十字社(日赤)や国立病院機構などに対し、地域医療を踏まえた「公的医療機関等2025プラン」を策定するよう通知した。日赤などの各医療機関が策定するプランについては、今年度中に地域医療構想を調整する会議で議論する必要があるため、救急・災害医療関連の医療機関は9月末まで、そのほかの医療機関は12月末まで、それぞれ策定期限を設けた。プランには、医療機関がある地域(構想区域)の現状と課題を踏まえ、将来担う役割や今後持つべき病床機能などを記載する。厚労省は、策定したプランを会議で議論することで、構想区域内の医療提供体制との整合性を図りたい考えだ。プランの策定を求めている医療機関の開設者は、▽日赤▽国立病院機構▽済生会▽厚生農業協同組合連合会▽共済組合▽健康保険組合▽地域医療機能推進機構▽労働者健康安全機構―など。そのほかの特定機能病院や地域医療支援病院についてもプランの策定を求めている。>

通知「「地域医療構想を踏まえた「公的医療機関等2025プラン」について 」(http://www.hospital.or.jp/pdf/15_20170804_01.pdf)が出た。地域医療構想に関するワーキンググループ(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei.html?tid=368422)の「公的医療機関等改革プラン(仮称)(案)」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000171567.pdf)p3の開設者「・地方公共団体の組合 ・国民健康保険団体連合会 ・日本赤十字社 ・社会福祉法人恩賜財団済生会 ・厚生農業協同組合連合会 ・社会福祉法人北海道社会事業協会」、p4「独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)」、p5「独立行政法人国立病院機構」、p6「独立行政法人労働者健康安全機構」の公的病院改革プランは、「新公立病院改革プラン」(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/hospital/hospital.html)と同様に、地域医療構想(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html)を踏まえたものになる。総務省「公営企業の経営戦略及び新公立病院改革プランの策定状況」(http://www.soumu.go.jp/main_content/000439913.pdf)(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000149.html)で、都道府県別の策定状況(http://www.soumu.go.jp/main_content/000439915.pdf)も出ていたが、「新公立病院改革プラン」http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/c-zaisei/hospital/hospital.html)(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zaisei06_02000103.html)(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000135068.pdf)が具体的に進まないのに、地域医療構想(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000080850.html)は進まない。公立病院以外の公的病院も同様であろう。「救急・災害医療関連の医療機関は9月末まで、そのほかの医療機関は12月末まで、それぞれ策定期限を設けた」は少々慌ただしい感じがしないでもないが、医療法に基づく病床機能報告制度(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055891.html)では、毎年、現状と6年後の病棟機能を示すことになっていることを踏まえたい。「地域医療構想に関するワーキンググループ」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei.html?tid=368422)の「調整会議における議論の進め方について」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000168626.pdf)p8「病床過剰地域において、病床を稼働していない場合」の対応を優先すべきと感じる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後期高齢者のがん診療 | トップ | 年金繰下げ受給の行方と地域... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。