保健福祉の現場から

感じるままに

保険者とかかりつけ医との連携

2017年10月19日 | Weblog
保険者による健診・保健指導等に関する検討会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-hoken.html?tid=129197)の資料「」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000180983.pdf)p5~「健保組合・共済の保険者機能の総合評価の指標・配点(インセンティブ)(案)」では「大項目2 要医療の者への受診勧奨・糖尿病等の重症化予防;糖尿病性腎症等の重症化予防の取組」は200満点中の4ポイントである。資料(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000180745.pdf)p41保険者努力支援制度「平成29年度前倒し分、30年度分の評価指標」に比べれば小さいが、「糖尿病性腎症等の重症化予防の取組」が評価項目に加わる意義は小さくない。中医協総会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-chuo.html?tid=128154)の「かかりつけ医機能」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000152695.pdf)p7~8では、①日常的な医学管理と重症化予防、②専門医療機関等との連携、③在宅療養支援、介護との連携が示されている。医療部会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126719)、医療保険部会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126706)の「次期診療報酬改定の基本⽅針の検討について」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000177696.pdf)の視点・方向では「地域包括ケアシステムの推進と医療機能の分化・強化、連携に関する視点」「・病床機能の分化・強化、連携に合わせた入院医療の評価 ・地域包括ケアシステム推進のための多職種連携による取組の強化(退院支援、医科歯科連携、病診薬連携、栄養指導等) ・質の高い在宅医療・訪問看護の確保 ・外来医療の機能分化・強化 ・かかりつけ医、かかりつけ歯科医、かかりつけ薬剤師・薬局の評価 ・重症化予防の取組の推進 ・医療介護連携」が注目され、かかりつけ医機能強化が誘導される感じである。例えば、「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000121935.html)(http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12401000-Hokenkyoku-Soumuka/0000121902.pdf)p9「図表3」では、第2期・3期は「かかりつけ医と連携した糖尿病性腎症保健指導」、第4期は「かかりつけ医と専門医との連携、地域での支援」と異なる対応が示されている。第4期は「外来医療(その2)」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000158415.pdf)p47「腎不全期患者指導加算」があることも認識したい。今後、特に第2期・3期について、保険者とかかりつけ医との連携による「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000121935.html)を推進するためには、例えば、「外来医療(その2)」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000158415.pdf)p44「生活習慣病管理料」や医科資料(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000115977.pdf)p36・p37「地域包括診療料・地域包括診療加算」にインセンティブがあった方が良いように感じる。「外来医療(その1)」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000154055.pdf)p42「紹介状なしの大病院受診時の定額負担の導入」だけでは、質を確保した「かかりつけ医」の普及推進につながらないであろう。「糖尿病性腎症重症化予防に係る連携協定」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000117513.html)も踏まえたい。重症化予防(国保・後期広域)ワ-キンググループ(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-hoken.html?tid=318630)のとりまとめ(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000170308.html)を参考に、戦略的に「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」(http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000121935.html)を進める必要がある。日本健康会議データマッピング(http://kenkokaigi-data.jp/datamap/)では、都道府県での取り組み状況が公表されているが、公務員の「共済組合」(http://www.kkr.or.jp/)(http://www.chikyoren.or.jp/)は、手本を示す観点からも詳細な情報公開があってもよいであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護施設での医療的ケアと規... | トップ | マッチング結果 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事