保健福祉の現場から

感じるままに

依存症対策

2017年04月19日 | Weblog
朝日新聞「ギャンブルより皇居ランに熱中 依存症回復へNPO支援」(http://www.asahi.com/articles/ASK4F67BVK4FUTIL03J.html?iref=com_apitop)。<以下一部引用>
<ギャンブル依存症からの回復を支援する認定NPO法人「ワンデーポート」(横浜市)が、回復プログラムにランニングを採り入れている。賭け事にのめり込んだ人たちが走ることに熱中。生活が充実して考えが前向きになり、体づくりにつながる「一石二鳥」の効果が出ているという。タッタッタッタッ――。4月上旬、東京・皇居周辺で、黄色いTシャツのランナーたちが足音を響かせていた。ギャンブル依存症の経験を持つ、ワンデーポートの入所者や元入所者だ。「自分でも不思議だが、マラソンでギャンブルが必要なくなった」。30代の男性会社員は、引き締まった顔に白い歯をのぞかせた。この男性は社会人2年目のとき、仕事のストレスから競馬にのめり込んだ。平日は職場のパソコンで地方競馬に賭け、土日は負けを取り戻そうと場外の馬券売り場へ。給料をつぎ込み、同僚たちにウソをついては金を借りた。人事担当者に問い詰められ、会社を休職。5年ほど前にワンデーポートに入所した。施設長の中村努さん(49)の勧めでウォーキングに取り組むうち、寮の仲間とランニングを始めた。「お互いの体が引き締まっていくのが楽しくて」。走る距離は延びていった。1年後に退所し、再就職後もランニングは続けた。平日は朝4時起きで走り、距離は月に約200キロ。フルマラソンは3時間半を切り、100キロのウルトラマラソンも完走した。男性は「マラソンで余暇と生活、仕事のバランスが取れるようになった。私のように物事にはまりやすい人にマラソンは向いている」。ワンデーポートが2000年に開設された当初は、自分の過ちと向き合うプログラムが中心で、ほぼ一日中、ミーティングを続けていた。だが、東日本大震災のボランティアなどで体を動かす機会が増え、ジムでのトレーニングを採り入れると、入所者が楽しんで通うようになった。中村さんは「ギャンブルに代わる上手な遊び方、楽しみ方が重要だ」と考え、ランニングを採り入れたという。>

ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/gambling_addiction/)の動向に注目であるが、ワンデーポート(http://www5f.biglobe.ne.jp/~onedayport/)やぷるすあるふぁ(http://kidsinfost.net/disorder/illust-study/gambling/?gclid=CPvO1Nnvr9MCFVgRvQodnOQFEQ)のような取り組みも期待されるであろう。依存症の中では、資料(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0308052.pdf)p77~80「アルコール健康障害対策基本法」があるアルコール対策は先行させやすいであろう。障害保健福祉関係会議(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/kaigi_shiryou/index.html)の資料(http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0308052.pdf)p71「すべての都道府県において、地域の相談拠点及び専門医療機関を1か所以上定めること」とある。依存症専門病院リスト(http://japan-addiction.jp/md/2016_izon_senmon_hosp_list.html)に記載がない県は早めに対応が必要であろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多剤投薬対策と薬剤総合評価調整 | トップ | 特定行為研修制度  »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。