保健福祉の現場から

感じるままに

医科歯科の連携推進とデータヘルス

2017年07月12日 | Weblog
キャリアブレイン「消えた「歯科医師の病院配置を促す案」進まぬ医歯連携、次期改定で評価どうなる」(https://www.cbnews.jp/news/entry/20170711162439)。<以下一部引用>
<「医療計画において、『病院に歯科医師を配置していくことが望ましい』旨を明記する」-。「医療計画の見直し等に関する検討会」の先月末の会合で、厚生労働省がこうした案を示す場面があった。そのための財源を確約できないことなどから同省は案を取り下げたが、診療報酬改定を来年春に控える中、歯科医師の病院配置に追い風が吹くか注目される。■歯科医師雇うと「病院経済が苦しくなる」 歯科医師の病院配置を推進する案を同省が示した目的は、医科と歯科との連携を進めることだ。入院日数の短縮や誤嚥性肺炎の予防などの効果があることを近年の研究結果が示しており、この日の会合でも同省の案に複数の委員が賛同した。その一方で、相澤孝夫委員(日本病院会会長)は「歯科医師を雇うと病院の経営が苦しくなるという現実がある。確保しろと言われてもかなり大変」と指摘。その原資を国が補てんしない限りは配置が進まないとの見方を示した。西澤寛俊委員(全日本病院協会名誉会長)も「経済的な裏付けをぜひお願いしたい」と要望した。これを受けて厚労省医政局の佐々木健・地域医療計画課長は、「制度的な裏付けの議論をした上で(医療計画に明記させるかどうか議論)すべきだ」と述べ、この日は案を取り下げた。同省は今月に入ってから、この日の会合の資料をホームページに掲載した。ただ、歯科医師の配置を促す案は削除され、「歯科医師の担うべき役割」や「勤務する場所を含めた、歯科医師の確保に向けた取組」を医療計画に記載する案へと差し替えられている。■“外付け型”の連携にも診療報酬のインセンティブ 医科と歯科との連携は、病院に歯科医師がいないとできないものではない。診療報酬のインセンティブは、病院に勤める医師と歯科医師とが協働する“内包型”のほか、院外の歯科医師が訪問診療などで対応する“外付け型”にも与えられてきた。>
 
医療法に基づく病床機能報告制度(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055891.html)について、「医療計画の見直し等に関する検討会」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-isei.html?tid=127276)の「平成28年度病床機能報告における報告項目の見直しについて」(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000130340.pdf)p14「医科歯科の連携に関する項目を追加;<医科診療報酬>・周術期口腔機能管理後手術加算・栄養サポートチーム加算・歯科医師連携加算 <歯科診療報酬>・周術期口腔機能管理料Ⅱ・周術期口腔機能管理料Ⅲ・周術期口腔機能管理後手術加算」は認識したい。以前の厚労省資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/0000039686.pdf)p169国庫補助事業「口腔保健推進事業;ア)口腔保健支援センター設置推進事業、イ)歯科保健医療サービス提供困難者への歯科保健医療推進事業、ウ)障害者等歯科医療技術者養成事業、エ)医科・歯科連携等調査実証事業」(http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/shikakoukuuhoken/dl/20130404_01.pdf)があり、特に「医科・歯科連携等調査実証事業」は「医科・歯科の関係者等により構成される連携協議会を設置し、地域の実情を踏まえた普及及び連携の実践に取り組む」とあったが、それぞれの地域ではどうなっているであろうか。医療施設調査(http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/79-1.html)の歯科診療所票(http://www.mhlw.go.jp/toukei/chousahyo/dl/iryoushisetu/H26_seitai_shika.pdf)では在宅医療サービスの実績が詳細に把握されていることは常識としたい。また、今年実施されている「介護予防・日常生活圏域ニーズ調査」の必須項目(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12301000-Roukenkyoku-Soumuka/0000138637.doc)には、「問3 食べることについて (2)半年前に比べて固いものが食べにくくなりましたか」、オプション項目(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12301000-Roukenkyoku-Soumuka/0000138638.doc)には、「問3 食べることについて (3)お茶や汁物等でむせることがありますか、(4)口の渇きが気になりますか、(5)歯磨き(人にやってもらう場合も含む)を毎日していますか」などがあり、それらが3年ごとに、日常生活圏域単位で把握できることも常識としたい。できれば、介護施設について、資料(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000167236.pdf)p5「口腔衛生管理体制加算」、p6「口腔衛生管理加算」、p18「経口移行加算」「経口維持加算」の状況も把握しておきたい。医科歯科の連携推進はデータヘルスの一環としたいものである。歯科口腔保健の推進に関する専門委員会(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei.html?tid=127753)では「医科歯科の連携推進」を図るべきと感じる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域包括ケア「見える化」シ... | トップ | 療養病床と介護医療院 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。